6/27に3月優待のココカラファインから株主優待券が届きました。株主総会決議通知書同封。

IMG_0080


グループ各店舗で利用できる買い物券。私は100株保有なので500円券が4枚で2000円分。金券として使用できますが、お釣りはでません。使用枚数に制限なし。ドラッグストアで2000円なんてあっという間ですね。多分1回の買い物でなくなります。月に2回くらいケータイ会員向けに5%割引クーポンを発行していてそれが2000円以上の買い物という条件がついているので大体1回の買い物で2000円以上になるようにしています。有効期限は来年の5月31日まで。

IMG_0081

今回から全額返送すると同額のカタログギフトを送ってくれるようになった。私は店舗で使った方が効率がいいので店舗で使います。どなたかカタログギフトにした人がいたら、どんなものか教えてください。ネットショップでも使える8%割引券同封。優待は年2回欲しいところだ。

※追記:株主優待券を使った買い物でも、ポイント会員カードを出したらポイントは全額通常通り付けて貰えました。

ココカラファインは大阪のセガミ、東京のセイジョーを中心にジップドラッグ、ライフォート、スズラン薬局などが合併してできたドラッグストア。業界3位。だが合併後のブランド統一もできず、合併による業務仕入れなどの統一でのコスト削減もできず合併効果が出せないまま数年が経過している。2015年3月期も天候不順、消費税増税後の消費意欲減退などの影響から減収減益。特に減益は連続で続いており利益水準は極めて低いと言わざるを得ない。経常利益率は約1.8%。

業績を反映して株価もアベノミクス相場にも乗れずに低迷していたが、この2月に日本郵便のネットショップサイトにドラッグストアコーナーを開設するなどの提携を発表しそれ以後は伸びている。ただ現在は合併後の店舗スクラップアンドビルドを進めており、店舗数も伸びていないしブランド統一もまだまだ半分にも及ばず、成長軌道に乗るにはまだまだ時間がかかりそう。

3098


株価:4,210円(7/3)
単元株数:100株
必要資金:421,000円
配当予測:60円(1.43%)
PER:31.44倍
PBR:1.41倍
権利確定月:3月末日


100株以上買物優待券2,000円分
500株以上買物優待券3,000円分
1,000株以上買物優待券5,000円分
※ 買物優待券の全部と引き換えに同等額のギフトカタログに交換可 
※ グループ会社の店舗での商品購入代金の支払いとして、現金との併用または優待券のみの利用可。但し、調剤診療・介護関連・スポーツ施設に関わる支払いおよび酒・タバコ等一部商品にはご利用できない場合があります。 
※ 取扱店舗:ココカラファイン、セイジョー、ドラッグストアいわい、ドラッグセガミ、パワードラッグワンズ、 ドラックスKAZU、ジップドラッグ、ライフォート、マルゼン、シンヤクドー、ホップスドラッグ、 マツノキ薬品、スズラン薬局、コダマ、クスリ岩崎チェーン


株主優待 ブログランキングへ