株主優待で消費者向け製品やサービスを提供している企業であれば、優待に自社商品や自社サービスの利用券を出してコストを抑えつつ会社のことを知ってもらえ、さらに場合によっては客数増・売上増も期待できるの。

B2B企業などで一般消費者向け製品を持っていない場合によく使われるのがお米(現物)やお米券、あるいは図書券などの金券や最近であればクオカードがある。特にクオカードは利用範囲が広く、送料も安くすむので採用企業は増えている。

私は普段はコンビニの小額の買い物か、書店での本代などに使っているが、日々の食事代につかえれば非常にありがたい。ということでファミリーレストランのガストで利用してみた。



すかいらーくグループの各店舗でクオカードが使えるので非常にありがたい。なぜ他のファミレス、外食チェーンはクオカードを採用してくれないのだろうか。

しかもガストでは今、クオカードを500円以上買うと抽選でクオカード1000円が当たるかもしれないキャンペーンを実施中。




 
注文したのは外食するなら野菜を取れるものがいいと思い、「野菜たっぷりちゃんぽん」。太めの麺がしっかりしているしスープもとてもおいしかった。でもなんか普通すぎて物足りない。なにかもう一癖あるといいのだけど。と思いこしょうを掛けたくなったが卓上調味料にこしょうはなし。あと野菜がそんなに多い感じがしない。いやむしろちゃんぽんとしては少ない位。
IMG_0744


そしてガストアプリをインストールして初回ダウンロード特典でもらったクーポンを使って「ベイクドチーズケーキ」。これはおいしかった。
IMG_0746

プラスして「ドリンクバー」これもクーポンを利用。コーヒーだけでも数種類とかエスプレッソマシンとか種類豊富でなかなかいいね。頻繁に掃除をしていて常に清潔にしようとしている態度もよい。
IMG_0741 IMG_0743


合計881円也。
gasto




わりと客の多い店で結構賑わっていて一時は満席になっていた。意外と人気なんだね。ファミリーレストランとしては比較的低価格だからなのか。ただ人が多いとがやがや騒々しい。

IMG_0747

ちなみにガストを経営するすかいらーくは上場企業。株主優待も出している。やや割高だけど20万円以下で買えるので一応視野には入ってくる。今度の12月末には検討してみよう。

株価:1,557円(9/18)
単元株数:100株
必要資金:155,700円
配当予測:30円(1.93%)
PER:21.31倍
PBR:3.11倍
権利確定月:12月末日



100株以上自社グループレストランで使用可能な優待食事券を一律2,000円分


株主優待 ブログランキングへ