11/7に8月優待の東宝から映画招待券が届きました。普通郵便。

IMG_0410


100株以上1,000株未満の株主には映画優待券
1,000株以上の株主には映画招待券

が贈呈されます。

10,000株以上になれば演劇招待券

が贈呈されますが、私はとてもそこまで買えません。

映画優待券は直営劇場などで1本800円で映画を鑑賞することが可能。

映画招待券は直営劇場などで東宝配給映画を無料で鑑賞可能。一部劇場では2枚で他社配給作品を鑑賞することも可能です。また他社配給作品であっても1枚で利用可能な劇場もあります。詳しくは「株主優待のしおり」(PDF)で要確認。利用時には株主カードと招待券を見せて両方の番号が一致していなければ利用できません。

有効期限は1・2月中有効券、3・4月中有効券・5・6月中有効券と2ヶ月単位で有効期限が設定されています。1月1日〜3日は利用不可。

株価がどんどんあがっていくので全然買い増しできません。今の水準では指をくわえて眺めるばかり。今期から中間配当金を年間配当金の予測額の半分出してくれるようになったので配当金も沢山いただきました。

言わずと知れた邦画製作の最大手。

楽天エンタメナビによると2014年度邦画興行成績で上位10作品までで東宝配給作品は8作品がランクイン。他2作はワーナーの邦画でまんが原作の『るろうに剣心』。
32
 

松竹は最高位が11位、東映は15位が最高で完全に後塵を拝しています。

今期は絶好調で、映画興行では大ヒット作が複数、演劇もロングラン、不動産事業も新宿歌舞伎町に新ビル完成し札幌のビルもまもなく稼働予定。上半期は当期利益が13%増となる好業績でいい話しかありません。

9602
 

株価:3,165円(11/6)
単元株数:100株
必要資金:316,500円
配当予測:25円(0.79%)
PER:25.40倍
PBR:2.06倍
権利確定月:2月末日・8月末日

(1) 株主ご招待券

1,000株以上株主カード(ご本人カード):1枚  株主カード(ファミリーカード):0枚
株主招待券(半年につき):1シート
2,000株以上株主カード(ご本人カード):1枚  株主カード(ファミリーカード):0枚
株主招待券(半年につき):2シート
3,000株以上株主カード(ご本人カード):1枚  株主カード(ファミリーカード):0枚
株主招待券(半年につき):3シート
5,000株以上株主カード(ご本人カード):1枚  株主カード(ファミリーカード):1枚
株主招待券(半年につき):6シート
10,000株以上株主カード(ご本人カード):1枚  株主カード(ファミリーカード):2枚
株主招待券(半年につき):10シート
20,000株以上株主カード(ご本人カード):1枚  株主カード(ファミリーカード):3枚
株主招待券(半年につき):15シート
30,000株以上株主カード(ご本人カード):1枚  株主カード(ファミリーカード):3枚
株主招待券(半年につき):20シート
50,000株以上株主カード(ご本人カード):1枚  株主カード(ファミリーカード):3枚
株主招待券(半年につき):25シート
100,000株以上株主カード(ご本人カード):1枚  株主カード(ファミリーカード):3枚
株主招待券(半年につき):30シート
※ 「株主カード」と「株主招待券」の双方に記載された優待番号が一致したときに、映画館にご入場可。 
※ 「株主カード」の発行は、原則として初回のみ。同カードを継続して使用すること。 
※ 「株主招待券」について、1シートは、指定2ヶ月間通用券×6枚
上期:6・7月、8・9月、10・11月通用各2枚
下期:12・1月、2・3月、4・5月通用各2枚

(2) 映画優待割引券

100株以上半年2枚
500株以上半年8枚
※ 招待券通用映画劇場(特定劇場、一般劇場、共同経営劇場等)で、本券1枚にて一般・学生・シニア・小人等にかかわらず1名様1回に限り800円にてご鑑賞可。

(3) 演劇ご招待券

10,000株以上A席1枚
30,000株以上A席2枚
50,000株以上S席3枚
※ 半年に6公演分を発行。ただし、席種等は変更となる場合あり。また、ご招待可能な公演がない場合(劇場の休館、貸館、または売切れなどの場合)は、映画ご招待券に変更の場合あり。


株主優待 ブログランキングへ