11/25にコカコーラウエストが優待制度変更を発表しました。大好きな飲料優待として長年保有してきた私にはちょっとした衝撃です。 

コカ・コーラウエスト:株主優待制度の変更に関するお知らせ(PDF)

【変更点1】年2回の優待を年1回に縮小

これは痛い。年2回あるからこそ含み損があっても保有を続けられる。年1回だと次の優待までに1年間あって楽しみがなく握力が弱まってしまいます。

特に6月末日・12月末日であったもののうち6月が廃止になって12月のみになる。どちらかというと清涼飲料中心の優待品なのでできれば夏場に貰える6月を残して欲しかった。

コカ・コーラウエスト     12月末日
コカ・コーライーストジャパン 12月末日
北海道コカ・コーラボトリング 6月末日・12月末日

となってしまいました。



【変更点2】ポイント数増額(年間では減額)

現行(1ポイント60円相当)
100株以上 30ポイント(1,800円相当、年間3,600円)
500株以上 40ポイント(2,400円相当、年間4,800円)
1,000株以上 60ポイント(3,600円相当、年間7,200円)
5,000株以上 120ポイント(7,200円相当、年間14,400円)

変更後(1ポイント60円相当)
100株以上 45ポイント(2,700円相当)年間900円減(▲25%
500株以上 60ポイント(3,600円相当)年間1,200円減(▲25%
1,000株以上 90ポイント(5,400円相当)年間1,800円減(▲25%
5,000株以上 180ポイント(10,800円相当)年間3,600円減(▲25%

【変更点3】長期保有優遇制度の導入

3年以上継続保有で長期保有優遇ポイントを付与
100株以上 +30ポイント(+1,800円相当、合計4,500円)変更前年間より△25%
500株以上 +45ポイント(+2,700円相当、合計6,300円)変更前年間より△31%
1,000株以上 +60ポイント(+3,600円相当、合計9,000円)変更前年間より△25%
5,000株以上 +120ポイント(+7,200円相当、合計18,000円)変更前年間より△25%

500株以上1000株未満の3年以上継続保有で長期保有優遇ポイントが+40ポイントの間違えなんじゃないかと思ういびつな数字です。ここだけお得度が高くなっている不思議。

変更は次の権利日すなわち本年末の平成27年12月31日から。そして長期保有優遇も同時に実施なので過去5回分の権利を取っていれば増加したポイントが貰えるので年間でプラスになります。

年末の権利日が総会、期末配当、優待(1回当たりの金額は増えている)ため、権利落ちがなお一層大きくなりそうです。その意味でも6月を残して欲しかった。ポイントの申込期間が8月くらいまであれば申込を先延ばしして夏に受け取れるようにするのですが、有効期間はこの発表のなかには書かれていません。

コカコーラは過去、四国コカ・コーラボトリングがMBOで上場廃止(のちウエストと合併)、 三国コカコーラが上場廃止(合併してイーストへ)、そしてイーストは優待を年1回とした。どんどん受け取れる優待が減っていってしまいます。北海道は年2回を維持してくれるのでしょうか?

株価:2,504円(11/25)
単元株数:100株
必要資金:250,400円
配当予測:41円(1.64%)
PER:19.25倍
PBR:1.04倍
権利確定月:12月末日・6月末日



株主優待 ブログランキングへ