2/20に富士電機からスポーツ観戦案内が届きました。第3四半期決算報告書同封。

IMG_0699


富士電機の決算月は3月末なんですが、公式の株主優待はなぜか第1四半期末である6月末日でカレンダーが頂けます。そしてなぜだか、第3四半期末の12月末日にも権利日の設定をしていて、その時の株主対象に第3四半期決算報告書(PDF)が送られてきました。

その中に「Jリーグ&プロ野球試合観戦ご招待」の案内が入っていました。

応募締め切りは2016年2月29日(月)当日消印有効。で募集期間が短いです。
対象試合は
【ジェフユナイテッド市原・千葉】@フクダ電子アリーナ
開催日対戦相手
4/17vs FC町田ゼルビア
5/3vs カマタマーレ讃岐
6/12vs 東京ヴェルディ
6/26vs ギラヴァンツ北九州

 
【北海道日本ハムファイターズ】@札幌ドーム
開催日対戦相手
7/22vs オリックス・バファローズ

 
応募者の中から抽選で各20組40名、合計100組200名です。指定席券のみの贈呈で現地までの交通費等は当選者の自己負担。

訪問可能な場所であれば応募したいですが、どちらもちょっと遠いです。

富士電機はジェフユナイテッド市原・千葉のオフィシャルパートナー9社の中の1社。ユニフォームの胸の上に社名が掲示されています。なおスポンサーはオフィシャルパートナー、オフィシャルスポンサー、アシストスポンサー、オフィシャルサプライヤー(他にレディーススポンサー、アカデミースポンサー)のランクがあって、その中の最上位。ちなみにこのチームは古河電気工業サッカー部が母体になっていますが、富士電機は古河グループの一社。現在J2リーグ所属。

また北海道日本ハムファイターズのオフィシャルスポンサー16社の中の1社。北海道地盤の企業が目立つ中なぜ富士電機がスポンサーになっているのかわかりませんが、ファイターズのファーム本拠地が千葉県鎌ヶ谷市にあるのが関係しているのかもしれません。

3Qまでの進捗率は27.8%で、かなり悲惨な数字ですが、業界として期末に利益が集中する傾向があるので前年同期比で比べる必要があります。前年同期に比べた売上高は58億円減、経常利益は1億円増。なのでそれほど悲観した物でもなさそうです。

むしろ株価のほうが悲惨ですね。ここ2ヶ月で株価は半減に近い状態。恐らく海外比率が高いので円高の影響があると見られているせいでしょう。さてはてどうなることか。


株主優待 ブログランキングへ

株価:375円(2/19)
単元株数:1,000株
必要資金:375,000円
配当予測:9円(2.4%)※SBI証券による
PER:9.24倍
PBR:0.99倍
権利確定月:6月末日

売上高:2016年3月期予測/8,500億円(中間期実績/5,361億円)
経常利益:2016年3月期予測/450億円(中間期実績/125億円)
総資産:中間期実績/8411億円
時価総額:2,799億円

6504

株主優待の内容

自社オリジナルカレンダー

※毎年6月30日現在の株主名簿(実質株主名簿を含む)に記載された株主様対象