吉野家HD[9861]の株主優待券を使って牛鮭定食(ご飯大盛り)を食べました。

IMG_1369



牛鮭定食は580円です。牛皿+焼鮭にご飯とみそ汁付きの定食。これを+30円でご飯大盛りにして株主優待券300円×2枚+現金10円の支払いにしました。
20160531_吉野家_000

実は牛丼に次いで吉野家で好きなメニュー。なのに、以前はたしか490円だったかな。で、優待券で支払おうとすると300円+190円というのはちょっと使いにくい。それで優待券300円+ジェフグルメカード500円=800円にしてお釣り310円で現金を生み出す錬金術。をしていたわけだが、これをすると慣れない店員さんだと、「?」となって「いやグルメカード500円だけで足りるんですけど」って顔される。ひどい場合には「優待券はお釣りが出ませんが、よろしいですか?」と聞かれることもあった。まず優待券を登録して残金190円に対してグルメカードを使うとグルメカードはお釣りが出るから310円のお釣りがちゃんとレジにも表示される。もしかしたらレジのシステムが改訂されたのか登録順が間違ってもちゃんと計算されるようになっているかもしれない。いずれにせよ、そのやりとりが嫌になって、長らく牛鮭定食は食べていなかった。

どうやら私が知らない間に490円→530円→500円(2010年4月16日(金)午後3時より)→530円(2014年12月17日(水)15時より)→580円(2016年4月6日から?)と改訂されてきていたよう。いやめっちゃ長期間食べてないやん。最後の580円の改定時に値上げの理由として焼鮭をデカ鮭にしたということになっています。でも、いつからか分からないけど、漬け物なくなっているし。

ちなみにデカ鮭は、確かに肉厚になり食べ応えが出ました。というか以前のが薄すぎた。そんなてっちりみたいに薄く透けるほど切る(というか削ぐ)技術がすごいというレベルで、カリカリに焼かないと形状を維持しないほど。ようやく本来の焼魚を食べている食感が出て私は満足です。

そして580円になったことで先ほど述べたような300円の倍数近辺に来て使い易さが出てきた。

今後は頼む回数が増えそう。でも、漬け物がなあ。

ただ、紅しょうががいつものと違う。着色料使っているのかと思うような赤さだし、味もへん。今回はちょっとしか食べなかったが、牛丼の時にはもっと使うからこの味が変わったとしたら大問題。吉野家は牛丼の味と紅しょうがの味のマッチングがベストでそれを味わいにいっているんだから、紅しょうがが変わったのだとしたら魅力半減です。