12月16日開催のアドバンスクリエイト[8798]株主総会&事業戦略説明会に出席してきました。

日時:2016年12月16日(金)午前10時〜
場所:大阪国際会議場(グランキューブ大阪)3階イベントホール

お土産は受け付け時手渡し。500円クオカード2枚。

IMG_1293


■議事


・開会挨拶(東証一部上場お礼など含む)
・定足数などの事務報告
・事業報告(スライドとナレーションによる) → 10:22
・議案の上程 → 10:25
・質疑応答(事業報告・議案一括審議) → 10:43
・議案の採決 → 10:46

■質疑


5名7問の質問があった。
・未払配当金除斥益110万円? → 当社の支払い配当金で受取がなかったもの。3年で時効。
 ※もったいない。銀行受取や証券会社受取になるようあらかじめ手続きしておきましょうね。

・資産除去債務1億8千万円 → 横浜ランドマークの賃貸物件(コンサルタントプラザ)の原状回復費用の引き当て

・保険代理店事業の顧客数・契約金額? → 代理店手数料10%ダウン、貯蓄性保険の売り止めなどの影響。顧客数自体は逓増傾向にある。契約保険料も前年同月比10〜30%の伸び。

・ストックオプションとJ-ESOPは給与の二重取りではないか? → ストックオプションは役員向け、J-ESPOは従業員向け。期限があるので希釈化の心配も低い。

・懇親会廃止分の経費を優待に上乗せしてほしい。カタログギフトではなく、QUOカードのほうが嬉しい。長期保有優遇もほしい。 → 貴重なご意見として。

・女性活用? → 管理職16名、執行役員 2名。

・ブラック企業にならないか? → 従業員から意見を述べる仕組みや顧客からの苦情受け付け窓口などがある。

■事業戦略説明会

10:54〜11:42

・日銀のマイナス金利政策の影響
→円建て資産形成商品が売り止めになった。
→外貨建て、保障性、損害保険に移行している。
→2017年4月には保険料率改定がある。

・保険業法改正
→方針作成・顧客DB・PDCA
→2017年は当局による検査などがあると予想。厳しい社内管理体制が求められている。

・保険販売は訪問販売型から来店型店舗販売に移行してきた。
今後はWebでの販売が主体になると考え来店型からは撤退している。

・保険代理店というより、IT会社。保険市場の価値を高めるためIT・AIを駆使し、SNS・ニュースアプリなどを活用している。メディア収入があがり、そこからWeb to Call to Real で販売に結びつける。

■感想


取締役候補が総会直前に辞退して取り下げになるという混乱は初めて。別にケンカ別れしたわけではなく不思議。代わりの候補を見つけて臨時総会を開催するみたいだけど、なにかごたごたがあるのではないかと心配になる。

会自体は整然とした進行で、スタッフも礼儀正しくよかった。適度な質問もあり有益。

ダンベル型のビジネスモデルを毎回強調しているが、今回はさらに広告メディアとしての保険市場で、保険販売業というよりIT企業だという主張が前面に強調された印象を受けた。店舗減や売上停滞で心配していたが、2017年をうまく乗り越えられればまだまだ成長するのではないかという気にもなった。

会場に着いたときには無駄に広い前室があってビックリしたが、会場を押さえた時点では懇談会を開催するつもりだったのだろう。クローク代わりにしていたようだ。

事業戦略説明会に残っていたのは2〜3割程度。

京阪電車を使わない限り駅から遠いので寒いこの時期には厳しい。



株主優待 ブログランキングへ