1/12にメガネスーパーから株主優待券が届いた。普通郵便中間報告書同封。初取得。

IMG_1325



・株主様特別ご優待券(通常価格より30%OFF、通販サイトでは20%OFF)
・メガネレンズお仕立て券 10,000円(税抜き)2枚
 ※1回に1枚。30,000円を超えるレンズの場合には2枚同時利用可能
いずれも有効期限は2017年6月30日までの半年弱。

マイルールでは無配銘柄は買わないことになっている。が、今回はルール違反で購入。というのも購入時の株価が60円程度で単元買っても6千円前後。1万円の割引券が使えれば投資額は回収できるから。

本当のことを言えば、眼鏡店の善し悪し区別判断を持っていないため、どこで買えばいいかわからないのです。長年使っていたお店が行動範囲内からなくなってしまったためどこかを探さなければならない。でもいいお店がわからない。であれば優待券が使えるお店で買おうということで買い増した。他のお店例えばJ.I.N.[3046]とかはたまに見かけることがあるのでそこがよかったのだけど、株価が高くて買えません。でも今さらだけど、ここもお店がないなあ。大阪駅ナカにあるみたいなので今度出かけたときに行ってみようか?でも出来上がった後も行かないと行けないからなあ。

昨年連続赤字から脱却はしたが、まだまだ利益は低い。高齢者向けアイケアカンパニーの看板を掲げて営業を強化した結果、売上は確保できた。が、利益率は悪化、出店費用や人件費増などが響き大幅減益となっている。最終利益は赤字。

PER 16倍はいいけど、PBR 54倍がという異常値。なんと自己資本比率1%という驚愕の財務内容。こんなのでよく生きのびられるものです。株価100円以下は当然。IRサイトで月次情報を公開。売上は好調で今期は12月まで既存店もずっとプラスを継続している。とにかく売上は作れているようなので復活もあり得るのかもしれない。

行使価額修正条項付き新株予約権(第三者割当)という、悪名高きMSCBみたいな名前のものも発行して大量に未行使残があるみたいなので株価が回復するのは大分先だと思うけど、それでもここ最近は株価は右肩上がり。

シェアードリサーチ社のリポートによれば、日本の低価格メガネ市場の主ターゲットは若者で、メガネスーパーは高齢者をターゲットとすることで比較的高価格な商品を販売する戦略をとっているとのこと。


株価:82円(1/30)
単元株数:100株
必要資金:8,200円
配当予測:0円(0.0%)
PER:16.70倍
PBR:54.67倍
権利確定月:4月末日・10月末日


売上高:2017年3月期予測/180億円(中間実績/86.5億円【前年同期比+11.2%】)
経常利益:2017年3月期予測/7.0億円(中間実績/1.7億円【前年同期比△44.0%】、経常利益率約2.0%)
総資産:中間実績/122億円
時価総額:66.9億円

3318

①特別優待券:通常価格から30%割引
 ※一部商品・サービスは対象外。合計5,000円以上(税抜)購入の場合利用可。
②メガネレンズ仕立て券:10,000円(税抜)
 ※2枚同時利用不可。ただし、30,000円を超えるレンズを購入の場合は2枚同時利用可。
(①②併用可)
100株以上 ①1枚、②2枚
300株以上 ①2枚、②2枚