2/20に壱番屋から株主ご飲食優待券が届いた。普通郵便、中間報告書同封。

IMG_1367



200株保有なので2,000円分。優待券の額面は500円で壱番屋の主力チェーン店CoCo壱番屋では700〜800円程度のカレーメニューがメインなので、200〜300円程度のトッピングまたはサイドメニューを頼んで1,000円にして利用するのが主となる。が、私の場合にはランチタイムにハーフサイズカレーで1枚+100円程度の現金利用をすることも多い。自分が店舗を利用した実感ではむしろトッピング2〜3とサイドメニューで1,500円程度の料金で利用しているお客さんが多いように見受けるので、500円単位の額面は利用しやすい金額ではないかと思う。

壱番屋は従来5月決算で5月末と中間期の11月末に優待を実施してきたが、平成29年から2月末を決算期とすることになり、今回限り変則で2016年11月末日、2017年2月末日、2017年8月末日が権利日となる。以後は2月末・8月末。優待権利が少ない5月・11月銘柄として重宝してきたが、これからは飲食優待の多い月に移動してしまう。

有効期限は平成30年2月28日までで、約1年間有効。有効期限内の優待券を返送するとレトルトカレーなどの商品と交換してもらえる。5枚でビーフカレー3個&ポークカレー3個など。

上半期業績は増収増益。過去最高益となっている。新規出店や外販の伸びにより売上は増加。食材費の上昇はあったが、販管費等の抑制等により利益も増加した。


株価:3,705円(2/27)
単元株数:100株
必要資金:370,500円
配当予測:52.5円(1.42%)
PER:-.-倍
PBR:4.11倍
権利確定月:2月末日・8月末日・11月末日

売上高:2017年2月期予測/340億円(中間実績/222億円【前年同期比+0.1%】)
経常利益:2017年2月期予測/38.8億円(中間実績/26.6億円【前年同期比+3.0%】、経常利益率約12.0%)
総資産:中間実績/381億円
時価総額:1,182億円

7630


株主優待の内容
優待券
100株以上 <2016年11月末・2017年8月末>: 1,000円相当
<2017年2月末>:500円相当
200株以上 <2016年11月末・2017年8月末>: 2,000円相当
<2017年2月末>:1,000円相当
1,000株以上 <2016年11月末・2017年8月末>: 6,000円相当
<2017年2月末>:3,000円相当
2,000株以上 <2016年11月末・2017年8月末>: 12,000円相当
<2017年2月末>:6,000円相当
※ 店内での飲食以外にお持ち帰り弁当、宅配弁当、店舗商品に利用可能。
※ 希望に応じて自社指定商品(レトルトカレー、ドレッシングなど)の配送も可能。 
※ 決算期変更に伴い、2017年2月末は期末贈呈額を3か月分相当とし、通常の半額とします。割当基準日は2017年以降2月末・8月末となります。