5/27にドトール・日レスホールディングスから株主ご優待カード(ドトールバリューカード)が届いた。普通郵便、株主総会決議通知同封。

IMG_1705

ドトールバリューカードはリチャージ可能なプリペイドカードで、優待制度変更後最初の優待だった昨年はそれが届いた。が、今回届いた物はドトールバリューカードそのものではなく、チャージ不可で購入時のポイント付与もない単なるポイントカードとなった。なので使用方法はポイントからの引き落としのみ。前のカードは入金したバリューとポイントと別の扱いになることから、使用時に「ポイントから」と明言する必要があった。なお、2017年8月よりドトールバリューカードへこの株主優待カードからポイントを移行できるサービスを開始するということで、これまで使っていたカード1枚を使い回せるようになる。カードの有効期限は2016年5月26日〜2017年5月25日までの1年間。ドトールバリューカードは使用するごとに有効期限が使用日の1年後まで延長されるが、この株主優待カードではそのような記述がないので延長はされないようだ。


2017年2月期は増収増益。ドトールコーヒーと日本レストランシステムズを傘下に持つ。ドトールコーヒー、エクセルシオールや星乃珈琲店などのカフェブランド、洋麺屋五右衛門などのレストランブランドなどの多数のブランドを全国展開。ドトールコーヒーグループが売上の6割以上を占める。営業利益率は日レスのほうが12.4%、ドトールが5.7%となっている。好況時には日レス側が、不況時にはドトール側が業績を支える構造。合併効果は、これまでは食材や機材等の共通化などで主にコスト削減面で出ていたが、今期くらいから共同開発店舗など営業面でも合併効果が出始めている。

指標的な割安さはない。

株主優待ランキング


ヤフーファイナンス[3087]

株価:2,383円(6/20)
単元株数:100株
必要資金:238,300円
配当予測:30円(1.26%)
PER:18.12倍
PBR:1.14倍
権利確定月:2月末日


売上高:2017年2月期実績/1,269億円【前年同期比+1.7%】
経常利益:2017年2月期実績/107億円【前年同期比+12.5%】、経常利益率約8.4%
総資産:実績/1,248億円
時価総額:1,206億円

3087


株主優待の内容
ドトールバリューカード
100株以上     1,000ポイント(1,000円分)
300株以上    3,000ポイント(3,000円分)
500株以上    5,000ポイント(5,000円分)
※全国のドトールコーヒーショップ各店舗の取扱商品全ての購入に10ポイント=10円単位で利用可