昨年12月に書いた記事がなぜか好評だったので今回も書きます。

1月はもともと数が少ないこともあり下記の4銘柄。新しく参入した銘柄なし。HCM以外は大物。ちょっとさみしいけど、いらないものをもらっても仕方ないので仕方ない。HCMはJ-REITで本来は分配金目的。分配金利回りは4.80%。【1/26終値→1/29始値】

[3455]ヘルスケア&メディカル投資法人/介護施設の各種サービス割引等【109,900円→108,000円】
[8142]トーホー/トーホーセレクト製品(コーヒー)【2,741円→2,722円】200株以上
[4924]シーズ・ホールディングス/ドクターシーラボ商品セット【5,860円→5,910円】200株以上
[2590]ダイドーグループホールディングス/缶コーヒー他清涼飲料等【6,170円】1/20権利

※権利取り最終売買日の大引けに購入して、権利落ち日の寄り付けで買った場合の勝敗を考えるため上記のようにしました。Ci:z HDはほとんど権利落ちなし。


4銘柄だけだけど、300万円以上資金がかかっています。資金効率が悪い。

□2018年1月の相場概況。


まだ何日か残っているけど、これだけでは仕方ないので毎月権利付き最終売買日にその1ヶ月間の相場概況について振り返ってみようと思う。

2018年1月は大発会でいきなり+741.39円と爆発的な上げ、年明け後三連騰で千円以上あげる歴史的ロケットスタートを切った。がその後は上下動を繰り返しながらも横ばいの経過となった。それでも、26日の日経平均株価は23,631.88円なので1月はプラスで終わりそう。米国景気の好況などが主因と思われる。

ただ、ちゃんと集計していないけど私の持株はマイナスになりそう。1月銘柄少ないので早々に購入していた2月銘柄が不振だった影響がかなり大きい。

co


株主優待ランキング