5/7に吉野家ホールディングスから株主優待が届いた。普通郵便、株主総会招集通知同封。

20180507_吉野家株主優待券_000



100株なので300円券×10枚の冊子1冊。3,000円相当。これが年2回。年間の優待利回りは2.84%。吉野家、はなまるうどんなどグループの店舗で使用可能。300円という低価格ファーストフード店で使用しやすい小額なのもよい点。全国どこでもお店があるから使い勝手がいい。率も高いし文句はないのだけど、贈呈金額が増えるのが1,000株、2,000株でちょっと買い増しにくい。200株か300株、それと500株あたりにも区分があれば申し分ないのだけどなあ。基本は牛丼(並)380円を現金80円足して利用。冬は牛鍋膳630円〜650円を優待券2枚+現金で使うことも多い。

全券を返送することで、牛丼の具6食セットと交換可能。申込期限は5月31日消印有効。

2018年2月期は増収増益。利益率もかなり見られるものになってきた。各セグメントとも増収増益とかなり収益性を回復しているが、ステーキ・しゃぶしゃぶのアークミールのみ減収。外食産業は各社人手不足や原材料価格の高騰で利益を落としているところが多いが、吉野家HDは店舗オペレーションの改革などテクノロジーを使ってコスト削減につなげる方針。株主情報サイトをスタート。


ヤフーファイナンス[9861]
株価:2,116円(5/25)
単元株数:100株
必要資金:211,600円
配当予測:20円(0.95%)
PER:80.33倍
PBR:2.39倍
権利確定月:2月末日・8月末日


売上高:2018年2月期実績/1,985億円【前年同期比+5.2%】
経常利益:2018年2月期実績/46.0億円【前年同期比+67.4%】、経常利益率約2.3%
総資産:実績/1,156億円
時価総額:1,378億円

chart.yahoo.co

株主優待の内容
300円サービス券
100株以上 10枚
1,000株以上 20枚
2,000株以上 40枚