2018/11/14にトリドールホールディングス[3397]が株主優待制度の拡充を発表しました(PDF)。

現在は年1回、9月末日を基準日として下記の株主優待券を所有株式数に応じて贈呈している。

株主優待の内容
100円割引券 
100株以上 20枚綴り(2,000円分)
500株以上 60枚綴り(6,000円分)
1,000株以上 100枚綴り(10,000円分)

拡充内容は、基準日を3月末日と9月末日の年2回となる。贈呈数は現在と同じなので年間での額面は倍増となる。



トリードールは、丸亀製麺を主要なブランドとする飲食チェーン。一時はブームで大きく株価が伸長したが、ここ半年はずっと右肩下がり。今年の年初は4千円を超えていたので、株価半減となっている。さらに、11/14同時に2019年3月期の決算予測を大幅下方修正(PDF)。市場予測からは47%も下回っているという

当然、株価は下落となるだろうが、株主優待制度の拡充で少しでも下落を抑えようという策のようだ。多分、明日は下落して始まるだろう。さすがに株価が上がるとは思えないが、株価が2千円を割れば優待利回りが2%を超えるので、優待目的の買いが入ってくるだろうと期待したい。株主優待券は100円単位で使用枚数に制限がないので、多様な価格帯のメニューのある丸亀製麺での使い勝手は非常によい。



ヤフーファイナンス[2418]
株価:2,056円(11/14)
必要株数:100株
必要資金:205,600円
配当予測:30円(1.46%)
PER:13.71倍
PBR:2.39倍
権利確定月:9月末日

3397