5/31に壱番屋から株主優待券が届いた。普通郵便、株主総会決議通知同封。

IMG_2254



200株保有で500円券×4枚の2,000円相当。年2回あり、単元保有での年間の優待利回りは、0.41%とかなり低い。有効期限は2020年5月31日までで約1年間。返送することで自社商品のレトルトカレーと交換可能。CoCo壱番屋での食事代金としてしか使ったことがない。

2019年2月期は増収減益。カレーハウスCoCo壱番屋を中心に最近はあんかけスパゲッティ「パスタdeココ」、らーめん「麺屋ここいち」、鉄板ハンバーグ「にっくい亭」など新業態の開発も積極的。国内1,305店舗、海外はアジアを中心に12ヶ国で172店舗を展開。ハウス食品の子会社。

株価指標はかなりの割高。ハウス食品によるTOBでかなり株価が上昇し、その後も下落していない。年2回の株主優待がある。株主優待目的だが、財務基盤が健全でかつ成長力の高い企業として利益成長と配当金の増加によるインカムゲインの増加を期待して保有している。平均取得価格は、1,242円で取得価格での配当利回りは6.44%になっている。取得価格での優待利回りは、1.61%。



ヤフーファイナンス[7630]
株価:4,825円(6/27)
必要株数:100株
必要資金:482,500円
配当予測:80円(1.66%)
PER:50.67倍
PBR:5.14倍
権利確定月:2月末日・8月末日

売上高:2019年2月期実績/502億円【前年同期比+1,5%】
経常利益:2019年2月期実績/46.6億円【前年同期比△4.2%】、利益率約9.3%
総資産:実績/428億円
時価総額:1,540億円

7630


株主優待の内容
優待券(500円券)
100株以上 1,000円相当
200株以上 2,000円相当
1,000株以上 6,000円相当
2,000株以上 12,000円相当
※店内での飲食以外にお持ち帰り弁当、宅配弁当、店舗商品に利用可能。
※希望に応じて自社指定商品(ギフトセット、レトルトカレー)の配送も可能。