インカムゲインや株主であることのメリットを最大限享受して生活を豊かにする。それが自分の投資の課題。そして株主の権利のうちで最大のものが、配当金である。

日本経済新聞社が発表している東証1部全銘柄の平均配当利回り(売買単位換算)は前期基準でわずかに2.12%。都市銀行の普通預金利率が0.001%ということを考えると高いのかもしれないが、それでは生活できない。配当利回りが高いとされているJ-REITでも平均の分配金利回りは3.57%。1億円持っているとしても全額TOPIXに投入してやっと手取り167万余り。全額J-REIT投入なら280万円。これならなんとか生活できそうだ。が、全額J-REITは金利上昇局面や不動産価格が下落するような状況になると目も当てられないことになるので、さすがにしんどい。安全資金などの確保もしたい、分散投資もしたいと考えると手持ち資本はもっと必要となってしまう。

日本で個人投資家向けに広く有効なのが株主優待。配当金と違い、少額の株主に手厚くなっていることが多く、銘柄によって利回りは数%〜10%になることもしばしばある。十分な配当金がなくても、インカムゲインを何倍にも増加させることができる。

とはいえ、株主優待は利用できる範囲が制限されているし、有効期限があるので貯めることができない。欲しいものに欲しいときに利用できない。利用しきれずゴミとなってしまうこともある。銘柄数が増えてきてその利用期限や用途の管理が仕切れなくなっていると感じている今日この頃。




□前回までのあらすじ


そろそろ株主優待にこだわらない高配当利回りの銘柄を探さなければならないとなり前回の話にうつる。

これまでも漠然と高配当利回り銘柄として、J-REIT・総合商社・金融などの銘柄は個別には購入してきていた。


分散投資の視点からもう少し幅広く銘柄選択をするために、簡単に多くの高配当銘柄を見つける方法はないかと考えた。前回は、いつもお世話になっているヤフーファイナンスのランキングから探す方法を調べた。


が、そこにあるのはたまたまその時点で高配当になっているだけで、株価が急落したことが要因でその後業績悪化から減配するとか、赤字が続いておりタコ足配当に近い状態でいずれ減配が見込まれていたり、それでなくてもその後株価が下落して配当金以上の含み損を抱えることになるなど優良な銘柄だけをその中から抽出するための基準がなければ効率のよい探し方とは言えないと判断することとなった。

□日経平均高配当株50指数


なにかよい方法はないものかと探して見つけたのが「日経平均高配当株50指数

株価指数は、証券取引所や報道機関・投資会社などが算定する指数で、証券市場全体や特定の株式群の値動きを表すもの。時系列でその数字を追うことで、市場が好調とか不調とかの傾向などを評価することが可能になる。

有名なモノではTOPIX(東証一部上場全銘柄)、日経平均株価(市場を代表するような255銘柄)、NYダウ(NY証券取引所の工業株30種)など。指標に連動するような投資信託なども設定されていて、色々な所で使われている。

そんな指数の中に「日経平均高配当株50指数」というのがあった。日本経済新聞社が選定しており、日経平均株価採用銘柄の中で高配当利回りの銘柄を50個集めたモノ。単純に上位50ではなく、 3期連続最終赤字の銘柄や、期末予想が無配の銘柄、株価が著しく下落するなど特別の事情により高順位となった銘柄は採用していない。原則として年1回、毎年6月に銘柄の入替を行う。

8月30日時点の構成銘柄の平均配当利回りは4.86%と、同じ日の日経平均株価全体の配当利回りの2.15%よりも、2.71ポイントも高い。

この指数のいい点は原則として日経平均株価採用銘柄の中から選ばれること。日々の出来高が多い比較的大型の銘柄が多いので、売りたいとき買いたいときに売買できる。極端な値動きも避けられる。始めから赤字銘柄などが除かれていて、おかしな銘柄かどうか判断する必要がない。

どのような銘柄がリストアップされているのだろうか。


建設2、食品1、化学6、医薬品2、石油2、ゴム1、窯業2、鉄鋼1、非鉄金属1、機械4、電気機器2、自動車4、精密機器1、商社6、銀行7、証券3、保険2、通信3、サービス1

でなんとなく偏りを感じるのだけど、日経225採用銘柄で高配当ということで業種を満遍なくカバーするのは無理なんだろう。日経平均の構成銘柄と比較した場合は技術セクター(医薬品、電気機器、自動車、精密機器、通信)や消費セクター(水産、食品、小売、サービス)が少なく、金融(銀行、その他金融、証券、保険)と素材(商社など)が多めになっている。

8月30日時点の全銘柄の配当利回りを単純平均すると4.79%。上記の4.86%は加重平均されているのだと思うので多少違いはあるが概ね5%弱になっている。

ほとんどが優良株なので安心感はある。[5411]JFE HD、[6703]OKIなど3%台の銘柄があったり1単元購入するのに約55万円必要な[8766]東京海上HDのような銘柄もあるので全てを購入できないが候補としてはいいのではかろうか。3%台の銘柄が含まれるのは銘柄入替時の激変を避けるために残っているのではないかと思う。

「過年遡及データの状況」というファイルを見ると、年ごとの増減では日経平均株価に負けている年もあるが、累計のトータルリターンで比較した場合には大幅に上回っている。がんばってヤフーファイナンスで全銘柄を入れたポートフォリオを作成して8/30からの変動を参照できるようにしたから、この銘柄を買うことの成否の判断材料にしたい。
nikkei50

□ETF


なお、この指数に連動する上場投資信託がある。

[1489](NEXT FUNDS)日経平均高配当株50指数連動型ETF(銘柄情報

なんだったら、このETFを直接買えば全銘柄を買うより楽だし資金も少なくて済む。8/30終値は、 30,600円。直近1年間の分配金は、1,311円なので利回りは4.28%になっている。このETFは年4回(1月、4月、7月、10月)分配金を出していて、ちょうど配当の少ない月に貰えるのでなんかこれでいいような気もしてきた。大型株や購入をためらうようなリスクの高そうな銘柄、企業研究する暇を取れないまま買うのは不安な銘柄などは手を出さずにある程度はこのETFを持ってカバーするということにしてもいいのかもしれない。
1489

似たような指数で「野村日本株高配当70」というのもあるらしいが、こちらの構成銘柄は「野村日本株高配当70・配当総額加重型」というところにあるもののようだ。平均の配当利回りは4.28%

[1577](NEXT FUNDS)野村日本株高配当70連動型ETF(銘柄情報

また「野村株主還元70」という指数もあり、こちらは構成銘柄がある程度わかるようになっている。こちらは配当の他に自社株買いも含まれている。


[2529](NEXT FUNDS)野村株主還元70連動型上場投信(銘柄情報)


□構成銘柄一覧:日経平均高配当株50指数


構成銘柄と2019年8月30日時点での終値・予測配当金
コード銘柄名株価(8/30)単元必要金額配当配当利回り業種
1808(株)長谷工コーポレーション¥1,128100¥112,800¥605.32%建設
1928積水ハウス(株)¥1,872.5100¥187,250¥814.33%建設
2914JT¥2,240.5100¥224,050¥1546.87%食品
4005住友化学(株)¥464100¥46,400¥224.74%化学
4061デンカ(株)¥2,743100¥274,300¥1254.56%化学
4183三井化学(株)¥2,253100¥225,300¥1004.44%化学
4188(株)三菱ケミカルホールディングス¥735100¥73,500¥405.44%化学
4208宇部興産(株)¥2,023100¥202,300¥904.45%化学
4631DIC(株)¥2,780100¥278,000¥1254.50%化学
4502武田薬品工業(株)¥3,646100¥364,600¥1804.94%医薬品
5019出光興産(株)¥2,835100¥283,500¥1605.64%石油
5020JXTGホールディングス(株)¥439.3100¥43,930¥225.01%石油
5108(株)ブリヂストン¥4,032100¥403,200¥1603.97%ゴム
5214日本電気硝子(株)¥2,199100¥219,900¥1105.00%窯業
5301東海カーボン(株)¥1,015100¥101,500¥484.73%窯業
5411ジェイ エフ イー ホールディングス(株)¥1,244.5100¥124,450¥453.62%鉄鋼
5703日本軽金属ホールディングス(株)¥185100¥18,500¥94.86%非鉄金属
6113(株)アマダホールディングス¥1,093100¥109,300¥484.39%機械
6301コマツ¥2,253100¥225,300¥1104.88%機械
6471日本精工(株)¥860100¥86,000¥404.65%機械
6472NTN(株)¥287100¥28,700¥155.23%機械
6703OKI¥1,476100¥147,600¥503.39%電気機器
7751キヤノン(株)¥2,760.5100¥276,050¥1605.80%電気機器
7201日産自動車(株)¥647.7100¥64,770¥406.18%自動車
7267ホンダ¥2,532.5100¥253,250¥1124.42%自動車
7270(株)SUBARU¥2,850100¥285,000¥1445.05%自動車
7272ヤマハ発動機(株)¥1,699100¥169,900¥905.30%自動車
7762シチズン時計(株)¥490100¥49,000¥244.90%精密機器
2768双日(株)¥324100¥32,400¥175.25%商社
8001伊藤忠商事(株)¥2,108.5100¥210,850¥854.03%商社
8002丸紅(株)¥671.7100¥67,170¥355.21%商社
8031三井物産(株)¥1,663100¥166,300¥804.81%商社
8053住友商事(株)¥1,592.5100¥159,250¥905.65%商社
8058三菱商事(株)¥2,599100¥259,900¥1254.81%商社
8304(株)あおぞら銀行¥2,445100¥244,500¥1566.38%銀行
8306(株)三菱UFJフィナンシャル・グループ¥511.8100¥51,180¥254.88%銀行
8308(株)りそなホールディングス¥416.2100¥41,620¥215.05%銀行
8309三井住友トラスト・ホールディングス(株)¥3,468100¥346,800¥1504.33%銀行
8316(株)三井住友フィナンシャルグループ¥3,475100¥347,500¥1805.18%銀行
8354(株)ふくおかフィナンシャルグループ¥1,810100¥181,000¥854.70%銀行
8411(株)みずほフィナンシャルグループ¥155.2100¥15,520¥7.54.83%銀行
8601(株)大和証券グループ本社¥457.8100¥45,780¥265.68%証券
8604野村ホールディングス(株)¥425.4100¥42,540¥61.41%証券
8628松井証券(株)¥868100¥86,800¥455.18%証券
8725MS&ADインシュアランスグループホールディングス(株)¥3,387100¥338,700¥1504.43%保険
8766東京海上ホールディングス(株)¥5,465100¥546,500¥1903.48%保険
9412(株)スカパーJSATホールディングス¥420100¥42,000¥184.29%通信
9433KDDI(株)¥2,852100¥285,200¥1103.86%通信
9437(株)NTTドコモ¥2,703100¥270,300¥1204.44%通信
6178日本郵政(株)¥968100¥96,800¥505.17%サービス
    ¥8,756,960 4.79%