8/31に千趣会から株主優待が届いた。普通郵便。

bellmaison


500株保有で4,000円相当のベルメゾンで使える買い物券。有効期限は2020/3/31。長期保有優遇分があるのは12月末日権利で6月末日権利は1回目の取得でも同額。優待利回りでは、100株単元が最もよい利回りになるのは通常だが、300株より500株のほうが利回りが良い。なお現在株価は低迷しており、300株でも10万円以下、500株でも20万円以下で買える非常に手頃な価格。100株を3年以上保有した場合の年間の受け取れる買い物券は3,500円で、現在の株価なら11.33%の非常に高い優待利回りになる。

必要資金1回1年未満1年以上2年以上3年以上1年未満1年以上2年以上3年以上
100株以上、300株未満¥30,900¥1,000¥2,000¥2,500¥3,000¥3,5006.47%8.09%9.71%11.33%
300株以上、500株未満¥92,700¥2,000¥4,000¥5,000¥5,500¥6,0004.31%5.39%5.93%6.47%
500株以上、1,000株未満¥154,500¥4,000¥8,000¥9,500¥10,000¥11,0005.18%6.15%6.47%7.12%
1,000株以上¥309,000¥5,000¥10,000¥12,000¥13,000¥14,0003.24%3.88%4.21%4.53%


2019年12月期上半期は、減収増益。通信販売が主力でベルメゾンカタログはかつてはどこの書店でも無料で入手できるメジャーな通信販売雑誌だった。が、時代が代わりインターネット通販主体の現在では衰退し以前の勢いはない。再生ファンドのもとで企業再建中。株式会社ベルネージュダイレクト及び株式会社モバコレを連結範囲除外としたことなど固定費削減事業規模適正化で売上は減少した。物流費の上昇はあったが、原価管理の厳密化などで黒字化。

システムの抜本的見直しをしているはずだが、未だ変わった感じはしない。買い物券とポイントの両方があると買い物券を先に消費してポイントが使われない仕様だったが、今回使ったらポイントが先に使われるように変わっていた。これまでポイントはいつも期限切れになって捨てていたので助かる。

年に2回しか買い物しないから確かじゃないけど、紳士物衣料品はかなり種類が少なくなっていたように感じた。売れ筋商品以外は点数を減らしてコスト削減する方針なんだろうけど、段々メリットがなくなっていく。肌着類などを購入するときに使っていて、送料のかからない5,000円以上にして注文。4,000円の買い物券で5,000円以上買うには自腹を切らないといけないと思うかもしれないが、12月末権利では長期保有優遇分付きになるので5,000円以上になるが、注文時に買い物券未満の注文をしなければ、使い切れない分を預かり金として保管して置いてくれる。6月末日権利ではこの分と合わせて買い物をするので現金支出がないのだ。

9/4 ネット通販の申し込み
9/6 佐川急便で届く

IMG_2522




ヤフーファイナンス[8165]
株価:309円(9/13)
必要株数:100株
必要資金:30,900円
配当予測:0円(-.-%)
PER:1.97倍
PBR:0.36倍
権利確定月:12月末日・6月末日

8165


売上高:2019年12月期予測/890億円(中間実績/439億円【前年同期比△23.3%】)
経常利益:2019年12月期予測/△0.2億円(中間実績/11.2億円【前年同期は損失】、経常利益率約2.6%)
総資産:中間実績/716億円
時価総額:161億円