9/24にリテールパートナーズから株主優待案内が届いた。往復はがき。

retail


株主優待券、山口グルメカタログ、JCBギフトカードのうち1種類を選択する。ただし100株保有の場合にはBコースはなし。2019年10月4日申込〆切。期限までに返送されなければ株主優待券を選択したものとなる。私はJCBギフトカード狙いで、年2回各1000円分なので優待利回りは、2.30%とまずまずの値。

2020年2月期上半期は減収減益。中国地方と九州地方の食品スーパーマーケットが合併してできた会社。通期業績予測も下方修正。営業利益率が悪化。天候不順などで売上が減少する一方で、人件費や仕入れ費用の増加がった。さらに、積極的な店舗改装やスクラップ&ビルドなど将来への投資も行っている。新日本スーパーマーケット同盟によるコスト削減施策も実施しており今後のばん回に期待したい。

※追記:11/12選択した商品が届いた。普通郵便。他社の優待で貰ったギフトカードとまとめてデパートでの買い物で使うことが多い。以前、ビックカメラで使ったらポイントが付かなかったので、ほぼデパート。滅多にないが、洋服とか靴とかカードケース等の小物などの買い物。
IMG_2622



ヤフーファイナンス[8167]
株価:870円(10/18)
必要株数:100株
必要資金:87,000円
配当予測:20円(2.30%)
PER:15.19倍
PBR:0.57倍
権利確定月:2月末日・8月末日

8167



売上高:2020年2月期予測/2,270億円(中間実績/1,150億円【前年同期比△1.0%】)
経常利益:2020年2月期予測/47.3億円(中間実績/24.0億円【前年同期比△18.9%】、経常利益率約2.1%)
総資産:中間実績/1,047億円
時価総額:406億円


下記コースより選択
Aコース:買物優待券(100円)
Bコース:ぶちうま山口カタログギフト
Cコース:JCBギフトカード(1枚1,000円)
100株以上 Aコース:10枚    Cコース:1枚
500株以上 Aコース:20枚    Cコース:1枚
1,000株以上 Aコース:50枚    Bコース:3,500円相当   Cコース:3枚
2,000株以上 Aコース:100枚   Bコース:3,500円相当   Cコース:3枚
3,000株以上 Aコース:150枚   Bコース:5,000円相当   Cコース:5枚
4,000株以上 Aコース:200枚   Bコース:5,000円相当   Cコース:5枚
5,000株以上 Aコース:250枚   Bコース:5,000円相当   Cコース:5枚
※買物優待券は1,000円以上の買物につき、1,000円ごとに1枚使用可
※100株以上1,000株未満はAコース、Cコースのいずれかを選択