traders
標記イベントに行って来ました。

主催 パンローリング株式会社(トレーダーズショップ)
開催日時 2019月11月2日(土)10:30~18:35(受付開始 10:00)
会場 マイドームおおさか (大阪市中央区本町橋2-5)

4つの会場を使い各4〜5部の講演があった。マーケット分析から個別株にFXシステムトレードやオプション、暗号化通貨と幅広い講演。加えて16の証券会社・取引所等の企業ブースも出展。株関係の書籍の割引販売コーナーもあり盛況だった。





□講演会


私は3つの講演を聴講。

事前に申し込んでいれば開演約30分前から配布される座席指定券が貰える。事前予約がない場合には、講演開始時間まで列に並んで待ち空席があれば座って、なければ立ち見となるらしい。座席指定券は前から順に詰めていくので用意した座席すべてを活用できてよい方式と思うが、会場が広いと前過ぎてスクリーンがかえって観にくいとかがあって早く来たからといって必ずしもいい席というわけでもない。

守屋史章 さらにお得なETF投資術! ETFオプションの魅力と活用法

かぶオプの話。株オプションを使って先物や信用取引とはまた違ったトレード戦略をとれる。他の手法よりもローコスとで簡単にリスクヘッジをすることができそうだし、逆指し値などに比べて必ずその価格で約定できるなど確実性も高い手法と思う。惜しむらくは未だ十分に普及していないためほとんどの個別株では思うようなトレードができないこと。ただ225ETFやTOPIX ETFでは業者の推進で確実に板に2,000株の注文が出ていて売買は可能な状態になっていて、この3年ほどの間に急速に普及が進んでいるとのこと。ただ業者の注文なのでスプレッドが大きい。長期投資にも向くというのは面白い内容だった。

非常に興味深い内容で、基本的な仕組みや代表的な戦略については分かりやすかったのだが、具体例になったとたんわかりにくくなった。板の説明をせずに早口で例を示すが、そこに示された数字がどこにあるかもわからないし、講演終了後に探したが数字自体が板のどこのも載っていないものを使っている。例を使うならちゃんと図と適合した物を使って欲しい。さらにオプション価格がどのように決まるのか、どういう価格であれば妥当と見なせるのかの考え方がわからないし、具体的に売買できる証券会社がどこなのかも教えてもらえなかった。

面白い講演だったが、具体的アクションの取りづらい内容だった。

坂本慎太郎 相場が見えるマクロ分析と銘柄ピックアップ 満員御礼

日本株を取り引くする前提での世界経済と日本経済の現状。この1年とこれからの展望について。非常に参考になった。坂本氏はチャートから見た場合割高に思える日本株もPBRから観て決して割高ではなくむしろ割安な水準にあると言う。ただ為替は今後円高に振れる余地があり難しいと観ている。なので今後、悲観的な状態にはないが、決して楽観的に買い出動するような状況にはないと語った。

その上で、取引するのであればとしていくつかのセクターを上げた。今のキャッシュレス還元による消費税増税による景気減速への対策が切れる来年6月を前に、補正予算などで追加の景気対策がなされるだろうとして、その筆頭候補の防災などの国土強靱化に関わる銘柄が候補になる。リニア新幹線の大部分がトンネルになる関連。などを上げた。

個別銘柄としては5つ。[8515]アイフル、[9514]EF-ON、[3853]アステリア、[2485]ティア、[7818]トランザクションを上げた。

大変役になった。また1年後に話を聞きたいものだ。

DAIBOUCHOU 成長株の極意

以前から大きな成功を収めている個人投資家として名前を聞いていて、その人がどんな人かどういう投資手法をしているのか興味があり今回のイベントに参加したのはDAIBOUCHOUさんの講演が聴けるからというのが理由。

1時間5分の時間を使って、日本株個別株投資の可能性、そして投資すべき銘柄をどのように見つけるのか、DAIBOUCHOUさんの投資の極意というべき考え方が聞けた。が、全体的に抽象的な内容で具体例が乏しいのが残念。ROEでよい銘柄を見つけるとかいうのだが具体的数字がない。実例を使ってこの数字だから投資したとかしなかったととか説明してもらったほうが理解しやすいし実践に活かしやすいのだがそれがなかった。具体的投資銘柄は無料では教えられない大事な情報というのであれば、過去に投資して既に売却した銘柄でもいいのだ。いやむしろそういう今持っていない銘柄のほうが売却の考え方も聞けるのでありがたいのに。あるいは具体的な銘柄名は隠していいから、実際の数字を使うのでもいい。ROAが低いけどROICは高いというのが漠然として勘定科目ではなく数字で示された方がわかりやすいのに。

期待していただけに残念な講演だった。

□展示


FX、オプション取引、自動化システムトレードなど非常に偏った内容で興味の持てる展示がなかった。色んなセミナーなどでもらったボールペンもたまっていたのでアンケートに答えてノベルティ集める気にもなれなかった。アンケートで個人情報を集めていて、これ以上取引する証券会社を増やすのもだるいし、電話とかの対応するのも面倒。スタンプラリーで牛肉があたるキャンペーンもやっていたが、興味のないブースの話を聞くのもだるい。

ただなんか個別のブースで大勢の聴衆を集めて大盛況なものもあり、そういう意欲的な投資家が大勢集まっているんだなあと思った。

参加者は株主総会や決算報告会などに比べると幅広い年代の人が多かったように思う。女性は1割〜2割位かな。