長崎ちゃんぽんのお店を全国でチェーン展開する[8200]リンガーハットが株主優待制度の一部拡充を発表した(PDF)。

ただし、拡充したのは単元保有分のみ。他社は、単元所有した後により多くの株数を保有してもらおうと、所有株数に応じた分を増加したり、長期安定株主を求めて長期保有優遇分を増加するなどを行う。が、ここは単元所有の魅力を向上させた。株主数を増加させたい狙いだろうか。前期末時点で3万3千人以上いるので特に増加させる必要性はないと思うのだが。

半年で550円券2枚から、3枚に増加。優待利回りは単純に1.5倍となる。新基準で単元保有1年目の優待利回りは、1.30%になる。

新基準は2020年2月末日権利分からなので、こんどの権利日から。

※追記1/15:発表翌営業日の値動きは-53円(-2.08%)の下落。単元のみの優待金額拡充よりも、同時に発表した経常減益22.8%が影響したようだ。
スクリーンショット 2020-01-15 16.44.21



ヤフーファイナンス[8200]
株価:2,546円(1/14)
必要株数:100株
必要資金:254,600円
配当予測:12円(0.47%)
PER:63.36倍
PBR:3.29倍
権利確定月:2月末日・8月末日

8200


株主優待の内容
食事優待券(540円券)
<2月末日・8月末日>
100株以上 3枚 (1,650円相当)
300株以上 7枚 (3,850円相当)
500株以上 12枚 (6,600円相当)
1,000株以上 25枚(13,750円相当)
2,000株以上 50枚(27,500円相当)
<2月末日>
3年以上継続保有*
100株以上 +2枚(1,100円相当)
1,000株以上 +4枚(2,200円相当)
* 2月末及び8月末の株主名簿に同一株主番号で連続7回以上記録されていること。
※2020年1月31日有効期限の株主優待券(食事ご優待券)は、額面540円で発行、贈呈しているが、当540円券については、2019年10月1日以降2020年1月31日までは額面550円相当の取扱にて利用可能。