クオカード、図書カード、ジェフグルメカード、ギフトカード等の汎用的金券優待のある銘柄をリストアップして利回り比較をする。今回配当利回りについては配当予測を出していない企業もあり、あまり参考にならないかもしれない。

なお、2020年6月末日権利日の権利付き最終売買日は2020年6月26日(金)。



ヤフーファイナンスの株主優待検索を利用して調査。長期保有条件付きのため、初回権利取得で優待を受け取ることのできない銘柄も除外。

6月権利日を迎える株主優待は、119

うち「買い物券・プリペイドカード」39

そのうちリストアップしたのは27件。

6gatu



□総括


コロナショックの影響もあり、5万円以下の銘柄のなかに優待利回りは高い。[3047]TRUCK−ONE、[3474]G−FACTORY、[2418]ツカダグローバルホールディングスのいずれも5万円以下で2.50%以上の優待利回り。特にTRUCK-ONEは今回だけの記念優待ではあるが、4.27%と高利回り。

10万円以下の中では[5959]岡部、[3277]サンセイランディックは配当利回りが高い。サンセイランディックはパンの缶詰で有名だが、これをもらうには200株以上必要。次回から長期保有条件がつくので今回が購入のチャンス。

20万円以下で優待利回りに魅力があるのは、[9421]エヌジェイホールディングス、[9450]ファイバーゲート、[1431]Lib Work、[5819]カナレ電気、[6061]ユニバーサル園芸社
カナレ電気は高配当、ユニバーサル園芸社は年2回が魅力。ファイバーゲート、Lib Workは次回から優待が変わる。




□個別銘柄


【ここから5万円以下】
[3047]TRUCK−ONE/QUOカード1,000円分 ※今回限り
[3474]G−FACTORY/QUOカード1,000円分
[2418]ツカダグローバルホールディングス/QUOカード1,000円分〜 ※年2回

【ここから10万円以下】
[3538]ウイルプラスホールディングス/QUOカード1,000円分
[5959]岡部/QUOカード500円分〜 ※年2回
[3277]サンセイランディック/QUOカード500円分
※200株以上はパンの缶詰、次回から制度変更
[3154]メディアスホールディングス/QUOカード1,000円分 ※長期保有優遇あり

【ここから20万円以下】
[9421]エヌジェイホールディングス/VJAギフトカード 1,000円分
[2689]カワニシホールディングス/QUOカード1,000円分 ※長期保有優遇あり
[9450]ファイバーゲート/QUOカード2,000円分
[7809]壽屋/QUOカード1,000円分
[7813]プラッツ/QUOカード500円分〜 ※年2回 ※長期保有優遇あり
[1431]Lib Work/QUOカード1,000円分
[5819]カナレ電気/QUOカード1,000円分 ※年2回
[9273]コーア商事ホールディングス/QUOカード1,000円分 ※長期保有優遇あり
[6061]ユニバーサル園芸社/QUOカード2,000円分 ※年2回
※12月末は1,000円分

【ここから20万円超】
[1788]三東工業社/QUOカード1,500円分〜 ※長期保有優遇あり
[3975]AOI TYO Holdings/QUOカード3,000円分〜
[4828]東洋ビジネスエンジニアリング/QUOカード500円分 ※年4回
[7038]フロンティア・マネジメント/QUOカード1,000円分 ※年2回
[9731]白洋舍/QUOカード500円分などから選択 ※年2回
[3950]ザ・パック/図書カード500円分
※12月末はQUOカード1,000円分
[6071]IBJ/QUOカード 500円分
※12月は別の優待あり
[3426]アトムリビンテック/QUOカード1,500円分
※300株必要。100株以上でも1年以上保有すれば優待あり
[9441]ベルパーク/QUOカード1,000円分 ※年2回
[7422]東邦レマック/QUOカード2,000円分
※300株必要
[6542]FCホールディングス
※1,000株必要。