以前まとめた記事が古くなっているので更新。今回は優待ランチ。


考え方は前回と同じで、外食をできるだけ株主優待だけでする。この時、割安な価格で提供されるランチタイムに利用することを考えて、週5回平日ランチとして年間では52週の260回から休日などをのぞく年240回を優待だけでまかなうことを考える。

前回調査時より、改廃があった銘柄を省いたり、前回調査で漏れたものを追加したりして今回は33銘柄を対象とした。2021/3/12終値時点。ちなみにヤフーファイナンスで食事券で株主優待銘柄を検索した場合には42件

実際にお店がランチタイムにいる場所の近くになければ利用不可能なので選択可能な銘柄は変わってくるだろう。マクドナルドや吉野家のような全国どこにでもあるチェーンが重要になる。また、ここで比較するのは優待利回りではない。各店舗でランチメニューなど昼食として最もリーズナブルなメニューを食べた場合に、その優待で何回食べられるかの回数を重視する。吉野家であれば牛丼・並の387円だが、店によってはサービスランチでも1,000円や1,500円する場合もある。マクドナルドや松屋の場合には額面ではなく1回分として利用するので額面がない場合もある。考え方の詳細は前回の記事を参照してほしい。



この1回のランチ利用に必要な資金という考え方で割安なほうから並べたの順が下記。
9861 吉野家ホールディングス
2752 フジオフードシステム
3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス
3397 トリドールホールディングス
3053 ペッパーフードサービス
9942 ジョイフル
3198 SFPホールディングス
2705 大戸屋ホールディングス
8163 SRSホールディングス
2882 イートアンドホールディングス
3197 すかいらーく
9850 グルメ杵屋
9887 松屋フーズホールディングス
9945 プレナス
7678 あさくま
3065 ライフフーズ
2702 日本マクドナルドホールディングス
9828 元気寿司
7554 幸楽苑ホールディングス
3085 アークランドサービスホールディングス
7581 サイゼリヤ
3329 東和フードサービス
8200 リンガーハット
4665 ダスキン
8153 モスフード
3087 ドトール・日レスホールディングス
8179 ロイヤルホールディングス
7630 壱番屋
2695 くらコーポレーション
7550 ゼンショーホールディングス
9936 王将フードサービス
8160 木曽路
スクリーンショット 2021-03-14 1.01.25

■投資例


分散投資

各銘柄をできるだけ最小単位の投資に抑えて分散した場合の投資例を示す。

割安なものから順に最小単位ずつ購入した場合。24銘柄に分散投資して投資資金は約615万円で240回を超える。
スクリーンショット 2021-03-14 18.42.05


自分の場合

自分が直近で権利取得した銘柄・株数の場合、次の3末権利取得する予定も含む。ただし現在保有していない銘柄も含んでいる。約819万円の投資で244回となっている。計算上は株主優待の外食券だけでランチ外食を達成している。最低価格でのメニュー以外も使っているので実際には240回のランチ外食をしているわけではないが、当面の目標は達成。あとは、これを売却回転することなく保有し続けられるようになりたい。

スクリーンショット 2021-03-14 18.37.38




■エクセルファイル


この表をエクセルファイル(.xslx)にして公開した(右クリックでリンク先を別名で保存してください)。各自で自分の理想の外食銘柄選びのシミュレーションに使って下さい。使い方は
1. 「保有」シートの「コード」に銘柄コードを入力。その銘柄がファイルにあれば名称と株価を表示する。
2. 「株数」を入力。必要資金と年間枚数が表示される。27個まで書ける。複数名義で同一銘柄を入力する場合には別の行に入力する。
3. 株価は「単元情報」シートの「株価」覧を修正する。
4. 1回枚数は私の使用方法による設定になっているので、「単元情報」シートの「1回枚数」覧は使用方法に応じて変更してください。

※注意:単元情報、優待情報の行の順番は変えないで下さい。その他のセルは編集しないでください。マクロは使っていませんので、もしマクロを使うかどうか尋ねられた場合には、使わないとしてください。

※長期保有優遇分は考慮していない。長期保有条件も考慮外。

■個別銘柄


下記に詳細を示す。なお、株主優待を取得したことのない銘柄が大多数で、店舗自体を一度も利用したことがないものもある。それらは、インターネットで公開されているメニュー情報などを元に推察した。

[2695]くらコーポレーション ※取得経験なし
1枚500円。くら寿司の利用、1皿100円税抜き×5皿=550円で計算しました。


[2702]日本マクドナルドホールディングス
1回1セットの優待券でバリューセット相当が利用可能。本当は利用が手軽なので500株フルにしたいのだけど、株価が上昇してしまい。1回当たり投資金額も割高になってしまった。


[2705]大戸屋ホールディングス ※取得経験なし
1枚500円。大戸屋ランチで740円(税込み)。ややルールからはみ出るが、1回利用枚数は1枚で現金支出+240円で考える。

[2752]フジオフードシステム/6月末日・12月末日
500円券。多くのブランドがあるが、自分が一番よく使うのがつるまるうどん。ランチセットが550円なので、1回利用枚数は1枚。


[2882]イートアンドホールディングス ※取得経験なし
1枚500円。大阪王将。店舗によりメニュー(PDF)が変わるが炒飯やラーメンが500円程度。定食メニューだと1,000円前後、どちらで考えるかが問題だが、最少金額で考えるため今回は1回利用枚数1枚とする。


[3053]ペッパーフードサービス ※取得経験なし
1枚500円。いきなり!ステーキでランチメニューのワイルドハンバーグ1,100円税別、ワイルドステーキ200g 1,130円税別など。1回利用枚数2枚と想定。

[3065]ライフフーズ
1枚500円。街かど屋で日替わり定食ランチ590円税込み。なので1回1枚利用で計算する。


[3085]アークランドサービスホールディングス/6月末日・12月末日 ※取得経験なし
550円券。とんかつ「かつや」のかつ丼(梅)490円税別。1回1枚利用で計算する。


[3087]ドトール・日レスホールディングス
ドトールバリューカード。プリペイドカードなので1円単位で利用可能。ジャーマンドック+コーヒーSで448円など。1回500円前後の利用と想定。


[3197]すかいらーく
1枚500円。ガストで日替わりランチ利用すると499円(税別)。1回枚数は1枚。

[3198]SFPホールディングス ※取得経験なし
1枚1,000円。磯丸水産のランチメニューで590円〜1,280円税抜き。おもてなしとりよしのランチメニューが1,000円前後。1回枚数1枚とする。

[3329]東和フードサービス/4月末日・10月末日 ※取得経験なし
500円券。関東地方中心、カフェ業態が主だがランチなどもあるイタリアンダイニング・ドナで使う場合を想定。店毎に価格は違うがランチセット、週替わりパスタなどは1000円弱。1回2枚利用で計算する。


[3387]クリエイト・レストランツ・ホールディングス
1枚500円。多くのブランドがあり価格帯もマチマチだが、籠乃屋であれこれランチ税込み970円で利用。かごの屋日替り昼膳 880円(+税)。1回枚数は2枚。


[3397]トリドールホールディングス
1枚100円。非常に使い勝手のよい額面だと思う。丸亀製麺で利用1回利用枚数は5枚500円とする。かけうどん並290円+天ぷら100円〜150円2品など。

[3543]コメダホールディングス
コメカへ1,000円のチャージ。年2回で3年以上保有で年2,000円増額し、株主総会議決権行使でのボーナスもある。コメダ珈琲でサンドイッチなどのスナックメニューが500〜600円前後、コーヒーなどが400円〜500円。1回1,000円の利用として考える。

[4665]ダスキン 
1枚500円。ミスタードーナツのミスドランチ 汁そば560円税込みで利用すると仮定。1回利用枚数は1枚。


[7550]ゼンショーホールディングス
1枚500円。すき家の牛丼ランチやなか卯で利用すれば1回1枚。ジョリーパスタのランチも580円税別なので1回1枚。ファミリーレストランのココスでも利用可能。

[7554]幸楽苑ホールディングス ※取得経験なし
1枚500円。幸楽苑では中華そば440円などがあるので、1回利用枚数は1枚。

[7581]サイゼリヤ ※取得経験なし
1枚500円。ファミリーレストランのサイゼリヤで使用する。ランチメニュー500円。1回で1枚の利用とする。100株以上を1年以上継続保有することが必要。


[7630]壱番屋
1枚500円。カレーのココイチで利用。ポークカレー514円税込みなど。自分は普段ライチタイムはスモールサイズのカレーメニューで利用している。

[7678]あさくま ※取得経験なし
1枚1,000円。ステーキあさくまでランチメニューが1,180円〜1,500円税抜き。1回1枚とする。

[8153]モスフード ※取得経験なし
1枚500円。モスバーガーで利用を想定。モスバーガー370円+コーラS190円=560円など。ミスタードーナツでも利用可能。


[8160]木曽路 ※取得経験なし
1枚1,000円または600円。ちょっと変則的な優待で扱いに困るのだが、一応1枚1,000円扱いにする。店舗によってメニューなどが変わるようだが、松花堂弁当 1,000円税別で計算する。

[8163]SRSホールディングス ※取得経験なし
1枚500円。和食レストランさとでランチ利用。日替わり定食598円(税別)なら1枚+現金だが、メニュー(PDF)を見ると800円〜1000円のランチメニューが充実している。お店が近くにあれば是非取得したい銘柄なのだが。


[8179]ロイヤルホールディングス
1枚500円。ロイヤルホストで使用するとかなり高額だが、リーズナブルなブランドもある。てんやの天丼500円の利用で計算。


[8200]リンガーハット/2月末日・8月末日
店によって価格が違う。定番の長崎ちゃんぽんで600円程度。優待券は1枚550円券なので1回1枚利用で計算する。3年以上保有で2月末に2〜4枚追加あり。

[9828]元気寿司 ※取得経験なし
1枚500円。元気寿司1皿100円+税。(株)グルメ杵屋グループの店舗及び(株)JBイレブンの店舗でも利用可能。

[9850]グルメ杵屋 ※取得経験なし
1枚500円。うどんの杵屋で利用するとして、きつねうどん650円、定食は830円から。1回の食事代をいくらにするか問題だが、今回は1回で1枚利用で計算する。

[9861]吉野家
1枚300円。387円の牛丼並盛りで利用を計算。1回枚数は1枚で、+80円現金支払い。


[9887]松屋フーズ
牛丼 松屋、とんかつ まつの家などで1回1枚の利用で全メニュー(一部を除く)から選択可能。


[9936]王将フードサービス ※取得経験なし
1枚500円。餃子の王将(京都王将)で利用。餃子割引カードもあり。天津飯440円(税別)など。


[9942]ジョイフル ※取得経験なし
1枚500円。日替わりランチ税込み504円と非常にリーズナブル。近くにお店があれば是非取得したい銘柄。


[9945]プレナス
1枚500円。やよい軒の640円定食でもいいし、ほっともっとの幕の内弁当590円など。いずれも地域によってメニューや価格が異なるがおおむね同程度の価格帯。1回利用枚数は1枚とする。1年以上継続保有が必要。