もう何年も日本茶の茶葉を購入していない。ほぼ毎日1回は急須でお茶を煎れて飲んでいるが、すべて株主優待で頂く者でまかなえている。が、昨年は油断していたせいで3回もプレミアム優待倶楽部で日本茶を注文してしまった。もちろん、カタログギフトやプレミアム優待倶楽部などは手元にお米やお茶など優待で貰っている物がなくなってしまったときに、すぐに注文して入手できる手段として備えているもの。だが、本来はお茶を株主優待品として企業が提供してくれているのでまかなうのが本筋。あくまでも保険の予定だった。

ということで、もう一度優待銘柄の見直しを行って、1年間のお茶の確保をしたいと思う。


まずお茶1年分の定義であるが、これは以前検討したものをそのまま使う。「1杯 = 2g」であった。そして1年 = 365日に1杯づつお茶を飲むと仮定して1年間の必要量を2g × 365 = 730gとする




■総括


では株主優待品として日本茶(茶葉)を贈呈している企業には何があるかを調べる。が、これまで頼りにしてきたYahoo!ファイナンスでは株主優待検索の機能を廃止してしまった。月ごとの優待制度の調査に使っているみんかぶ株主優待検索では「お茶」「日本茶」「新茶」などのキーワードで検索してもヒットしない。かといって、他の証券会社の株主優待検索ページでは自由キーワードで検索する機能がない。つくづくYahoo!ファイナンスさんが有能であったことがわかった。ということでということで一件一件確認しての調査となった。なので見逃している可能性も高い。

なんとか9銘柄選定したが、うち2銘柄は投資金額が100万円以上と実質的に検討対象とならず、さらに2銘柄も継続保有条件ありで厳しい状況。
スクリーンショット 2023-05-04 0.58.39

1杯当たりの投資金額の小さい方から順に4銘柄[8198]マックスバリュ東海、[3172]ティーライフ、[7780]メニコン、[7296]エフシーシーで740gになり目標達成、投資額1,035,100円。だが、エフシーシーは継続保有1年以上の条件があり、今から買っても2025年3月権利まで取得できない。[8198]マックスバリュ東海、[3172]ティーライフ、[7780]メニコン、の3銘柄と[1965]テクノ菱和にプレミアム優待倶楽部かカタログギフト優待で残り160gをなんとかするというのが適正なのかもしれない。


■個別銘柄


□[8198]マックスバリュ東海


お茶銘柄の主力であったが、そもそもここが優待内容を変更したのが悪い。商品選択式になって自由度が高まったが、以前は360g貰えていたのが、2022年2月末日権利の実績が以下になって、お茶を選んでいるのに紅茶とかクッキーとか変なものがまじってくるのでお茶の量が減ってしまった。昨年は頭にきて他の商品を選択してしまい、大失敗だった。これ以上、お茶が減らないことを願っている。

・煎茶 60g×3袋、玄米茶 60g×1袋、紅茶ティーバッグ 5個、お茶クッキー 50g



下記(A〜E)のコースの中からいずれか選択
A ご優待券コース
B お米コース
C お茶コース
D お肉コース
E お酒コース
100株以上 5,000円相当
500株以上 10,000円相当
1,000株以上 20,000円相当



選択式だが、5,000円相当と額が大きいのが特徴。内容は毎年変わっていて2017年2月期実績は60g×6袋=360gだった。

□[3172]ティーライフ


お茶を中心にした通信販売会社で1,000円の割引券を使って通販サイトでの購入が可能。ただし、株主優待専用のカタログもあり、その中に以下の商品がある。

B) あさみずか(日本茶葉)100g

7月権利ということもあり、1杯当たりの投資金額も割安なので是非とも毎年権利取得したい銘柄。配当利回りが高いのも魅力的。



□[7780]メニコン


毎年少しずつ内容に変呼応がある。最新情報では以下。2缶で200g。

 G.「胡麻ドレッシング」1本+「目留寿家のお茶」 2缶



tea_index_img


メニコンのサイトによると「目留守家のお茶」は1缶100gで1,500円。なので200gと考えて良さそうだ。

□[7296]エフシーシー


新茶2,500円相当

200株以上 <3月末日>新茶/<9月末日>三ヶ日青島みかん

年2回なので多少1杯当たり投資額が高いが許容できる。継続保有期間1年以上が必要。

□[1965]テクノ菱和


静岡の新茶1パック贈呈。30gと小量なのだが、10万円以下の投資金額なので抑えておいてもいいだろう。





□[6365]電業社機械製作所


静岡県産の新茶
100株以上 1,500円相当
300株以上 3,000円相当

取得経験なしだが、1,500円相当を100gと推定している。


e439069c

到着記事などは見かけるが具体的内容の記載がなくグラム数は不明。100gと仮定して計算した。


□[7272]ヤマハ発動機



静岡特産品としてお茶も選択可能。1杯当たりの投資金額が7千円と割高。ただし3年以上継続保有で選択可能な商品の金額が倍になり、200gのお茶が選択可能になる。





□[6218]エンシュウ

継続保有1年以上で3,000円相当の静岡県特産品の贈呈とある。だが、実際に何が貰えるのかの確認ができなかった。なのでお茶が貰えるかどうかは不明。3,000円相当は他社だと200gなので、お茶が貰えたとして200gとして表には表示している。100万円以上の投資が必要で、なおかつ何が貰えるのかハッキリとしないので投資対象にはしにくい。


□[9057]遠州トラック


こちらは1,000株以上で「静岡産煎茶 2缶」と明記している。が、1缶あたりの内容量が不明。一応1缶100gとして計算している。なお、所有株数が増えてもお茶のグレードが上がるだけで量は増えないようだ。

200万円以上必要で1杯あたり投資額も2万4千円とかなり効率がわるい。


■補足


前回調査時から優待を廃止または優待品を変更した銘柄など。

□[7228]デイトナ


プレミアム優待倶楽部に変更した。


□[7634]星医療酸器


介護付有料老人ホーム「ライフステージ阿佐ヶ谷」の施設割引に変更

□[9987]スズケン


優待調査中に以下の商品が選択できることに気がついたが、ペットボトルのお茶だった。

B.ヘルシーブレンド茶「さんけん茶」