2023年7月27日(木)は7月末日権利銘柄の権利付き最終売買日だった。

2018年 4銘柄
2019年 7銘柄
2020年 8銘柄(初取得3銘柄)
2021年 10銘柄(初取得3銘柄)
2022年 6銘柄(初取得0銘柄)
2023年 3銘柄(初取得0銘柄)


7月・1月は最も株主優待銘柄の権利が最も少ない月。今年は3銘柄で昨年より3銘柄減、新規取得は0だった。QUOカードが0件、図書カードないし書店の買い物券が2件、商品選択が1件だった。優待廃止した銘柄があったり、自分で使う予定がなくなったり、コンプライアンス問題から敬遠したりで減ってしまった。優待銘柄の少ない月の分は減らすつもりないんだけど、そもそも優待銘柄がないので優待がなくなった場合に別の銘柄に乗り換えられないのだ。


■総括


急激な上げ相場の後なので月中はほぼBOX相場。一時的に3万2千円割れすることがあったが、ほぼ3万2千円から3万3千円の範囲だった。日経平均株価は32,891.16円になり昨年末(28,791.71円)比では+26.05%。TOPIXは2,295.14ポイントで昨年末(1,891.71ポイント)比では+21.33%。東証リート指数も上昇して、1,900.11ポイントになり初めて昨年末1,894.06ポイントを超える。

スクリーンショット 2023-07-27 23.41.08






chart21

ただ私の投資資産評価額は約8.2%とプラスではあるが平均株価の上昇に比べると大幅に少ない。資産が増えているのだから嬉しいは嬉しいのだけど、ちょっとモヤモヤする。もうちょっと上がっても良さそうなものなんだけど。






■個別銘柄


□5万円以下


[3159] 丸善CHIホールディングス 356円×100株〜/7月末日/買い物券500円〜
全国の丸善、ジュンク堂書店の店舗で利用可の商品券。優待利回りは、1.40%。雑誌・本などそれなりに買うのでかなりありがたい。

□10万円以下


今回は取得なし。

□20万円以下


[3172] ティーライフ 1,573円×100株/7月末日/自社商品買い物券1,000円〜 
お茶銘柄として購入した。通信販売での買い物に使えてその他の商品にも使える。優待利回りは、0.64%。2ヶ月くらい前からすごい株価上昇をしていたので不思議だったのだが、どうやら株主優待名人の桐谷広人さんがどこかで紹介したらしい。

[3421] 稲葉製作所 1,556円×100株〜/7月末日/図書カード 1,000円
100人乗っても大丈夫なイナバ物置の会社。1月末日は1,000株以上で優待あり。100株保有の場合の優待利回りは、0.64%。


□50万円以下

取得なし