株主優待侍

楽しみながら投資をする。株価の騰落に一喜一憂することなく、長期で投資を継続し、インカムゲインを享受し続ける。それに役立つ、情報として株主優待の受け取った記録を残し、株主総会・株主交流会・決算説明会などの出席記録、株式取引に関する雑記、銘柄比較を中心に書いていきます。

2021年11月

ヨンキュウ:うなぎ 2021年9月権利(9955)・約20万円で年2回、うなぎが届く

11/10にヨンキュウから株主優待が届いた。普通郵便。

yonkyu

続きを読む

アクサス:ウイスキー 2021年8月権利(3536)・ウイスキーまたはミネラルウォーターを選択

11/10にアクサスホールディングスから株主優待案内が届いた。普通郵便、株主総会招集通知同封。

axas


続きを読む

プレミアム優待倶楽部・優待利回り比較 2021年12月権利分

プレミアム優待倶楽部を採用する企業はかなり入れ替わりが激しい。制度変更をする企業も多い。せっかく選択肢が広く、ポイントの使い勝手もいい制度なのでもう少し安定するようにノウハウをためて導入時にしっかりコンサルするよおうにして欲しい。この2021年12月権利は昨年9社より1社増加の10社となった。プレミアム優待倶楽部ポータルサイトでは12社になっているが、そのうち2社は株主アクションポイントというよくわからないポイントを付与する権利日というだけで本来の株主優待権利は6月末なので除いた。

その10社の優待利回りの比較を行う。

株主優待としては自社商品・サービスを提供するのが定番だが、企業向けサービスであったり消費者に直接関わらない商品を提供している企業では一般的に喜ばれる商品を購入して株主に提供してきた。かつて定番はお米やお米券、図書カードであり、それがQUOカードやギフトカードなどが増加、カタログギフトもあるが高額になりがちだった。プレミアム優待倶楽部は、2018年頃から採用する企業が急増している。

株数に応じて柔軟に付与ポイントを変えたり、保有期間に応じた優遇。翌年への繰り越しや他社のポイントと合算できるWillsポイントに交換することも可能。商品数は2,000点を超え、自社商品がその中に入っている場合もある。極めて柔軟なサービスで使い勝手がよい。

12月に権利がある10社の中で、投資資金が最少なのが[7038] フロンティア・マネジメントで約9万円、[2436]共同ピーアールも約10万円で購入可能と比較的購入のハードルが低い。優待利回りが高いのは[1431]Lib Workの2.39%。ただ投資金額が80万円以上必要なのと年4回権利があるので12月権利だけだとそこまで高くないというのが難点。2%超えなのはここと[7038] フロンティア・マネジメント。[2436]共同ピーアール、[9450] ファイバーゲート、[7925] 前澤化成工業が、1%を超えているが、他社はほとんど1%未満となり率はよくない。

ただし、プレミアム優待倶楽部では一般的な株主優待と違って最低単位の優待利回りが一番好いというのと違い、株数が増えたときに優待利回りが大きくなることがある。そこで個別銘柄の各株数の優待利回りを列挙していく。12月権利分で貰える分だけで計算する。また、煩雑なため2年目以降の優待の表示は省略した。

株価は2021/11/26終値を使用。プレミアム優待倶楽部の付与ポイント数はポータルサイトのものを参照した。

スクリーンショット 2021-11-26 22.42.32





続きを読む

2021年11月に権利取得した銘柄は8銘柄(うち初取得1)

2021年11月26日(金)は2020年11月末日権利銘柄の権利付き最終売買日だった。この日の大引けまでに株を買い持ち越せば、株主優待の権利を取得することが可能となる。翌営業日の11月29日(月)以降に売却してもその権利は変わらない。

今回は昨年より4減の8銘柄、初取得1銘柄。QUOカード5銘柄4銘柄、ジェフグルメカード2銘柄、ホテル割引1銘柄、自社商品1銘柄。ほとんどはほぼ毎年獲っている銘柄。権利数が少ないのでやむを得ない。

2018年 8銘柄
2019年 10銘柄(初取得2銘柄)
2020年 12銘柄(初取得2銘柄)
2021年 8銘柄(初取得1銘柄)


□市況


11月の日経平均株価は、日々の動きは大きく乱高下しているようだったが28,400円から30,000円の範囲のボックス圏で動いているだけだった。国内ではワクチンの接種率が高水準となり、感染者数も収束の傾向。コロナ後に向けてGOTOなどの景気刺激策の議論が始まったことを好感。一方、海外では再度の感染拡大の兆しが出てきたことから経済悪化のリスクがあり、それらが日々の動きに影響しているのではないかと思う。

スクリーンショット 2021-11-26 17.08.12

東証リート指数は、9月以降はジリジリと下落。この影響もあり、保有株の評価額は前月末より微減で昨年末比では+11.75%となった。今のところ今年の資産のピークは9月頃だったようだ。


chart21
続きを読む

プロパティエージェント:プレミアム優待倶楽部 2021年9月権利(3464)

11/10にプロパティエージェントから株主優待案内が届いた。圧着ハガキ。

property

続きを読む
2022年権利日
末日権利日の権利付最終売買日
2022年9月28日(水)
2022年10月27日(木)
2022年11月28日(月)
2022年12月28日(水)
詳しく。
最新コメント
ギャラリー
  • 小津産業:クオカード1000円 2022年5月権利(7487)・200株以上で紙製品
  • 小津産業:クオカード1000円 2022年5月権利(7487)・200株以上で紙製品
  • 11月権利の金券優待一覧 2021年
  • ラーメン特製チャーハンセット@四天王/ギフトホールディングス株主優待券利用
  • ラーメン特製チャーハンセット@四天王/ギフトホールディングス株主優待券利用
  • ラクトジャパン:QUOカード1,000円 2022年5月権利(3139)
  • ラクトジャパン:QUOカード1,000円 2022年5月権利(3139)
  • 2022年9月に権利取得した銘柄・32銘柄(初取得3)
  • 2022年9月に権利取得した銘柄・32銘柄(初取得3)
  • ライブドアブログ