株主優待侍

楽しみながら投資をする。株価の騰落に一喜一憂することなく、長期で投資を継続し、インカムゲインを享受し続ける。それに役立つ、情報として株主優待の受け取った記録を残し、株主総会・株主交流会・決算説明会などの出席記録、株式取引に関する雑記、銘柄比較を中心に書いていきます。

権利取り

2022年7月に権利取得した銘柄・6銘柄(初取得なし)

2021年7月27日(水)は7月末日権利銘柄の権利付き最終売買日だった。

2018年 4銘柄
2019年 7銘柄
2020年 8銘柄(初取得3銘柄)
2021年 10銘柄(初取得3銘柄)
2022年 6銘柄(初取得0銘柄)


7月・1月は最も株主優待銘柄の権利が最も少ない月。今年は6銘柄で昨年より4銘柄減、新規購入は0だった。QUOカードが2件、図書カードないし書店の買い物券が2件、商品選択が1件、映画招待が1件だった。


■総括


7月13日以降7日連続で日経平均株価が上昇するなど、月後半にかけてかなりの株高となった。米国株高を受けての上昇だと思うが、理由はよくわからない。日経平均株価は27,715.75円で昨年末(28,791.71円)比では△3.74%。東証リート指数も上昇して、2,000ポイントを超えて昨年末時点にかなり近づく2001.19ポイントになる。

スクリーンショット 2022-07-27 23.49.47



続きを読む

2022年6月に権利取得した銘柄・14銘柄(初取得2銘柄)

2022/6/28(火)は6月末日権利銘柄の権利付き最終売買日だった。今回権利取得した銘柄は14銘柄で昨年より2減。初取得は2銘柄。

2018年6月 15銘柄
2019年6月 18銘柄(初取得3銘柄)
2020年6月 21銘柄(初取得4銘柄)
2021年6月 16銘柄(初取得3銘柄)
2022年6月 14銘柄(初取得2銘柄)


QUOカード 4、食事券 3、買い物券 1、デジコ 1、飲料 1、食品 1、商品選択  2(内プレミアム優待倶楽部1)、カレンダー 1。そのほかに端株優待銘柄あり。


■総括


月上旬はじわじわ株価上昇し2万8千円台を回復するも、10日以降は米国市場での株安を受けて下落に転じる。米国の利上げをはじめとして各国での財政引き締め施策を受け。2万6千円割れもあるが、6/20を底に下旬は上昇に転じる。6月は良くも悪くも米国市場の影響を受けた展開が多かった。
スクリーンショット 2022-06-28 18.49.40

東証リート指数は安定していたが6/9に高値2024.09ポイントを付けた直後に急落。米国利上げ観測が高まり米国株安となったタイミングと同じ。ただその後、反発して回復傾向にはある。保有資産評価額は昨年末比で約0.2%の下落。

chart21






続きを読む

2021年5月に権利取得した銘柄・13銘柄(うち初取得1銘柄)

2022年5月の末日権利日の銘柄の場合、5/27(金)が権利付き最終売買日、5/30(月)が権利落ち日。今年権利を取ったのは13銘柄取得。昨年より3増。

2022年5月 13銘柄(初取得1)
2021年5月 10銘柄(初取得0)
2020年5月 15銘柄
2019年5月 9銘柄
2018年5月 6銘柄



初取得1銘柄、QUOカード8銘柄、ジェフグルメカード1銘柄、商品選択2銘柄(うちプレミアム優待倶楽部1)、食品1銘柄、飲料1銘柄。

■市場動向

スクリーンショット 2022-05-27 16.50.43

5月の市況は総じて軟調。日経平均株価は5月上旬に26,000円割れ。主に米国の株安の影響を受けて、そこからの反発が弱い。米国株安の原因は、インフレ加速による景気減退懸念とそれにより長期金利の緊縮傾向が継続する見通しが出てきたこと。さらにウクライナ情勢の長期化による世界的規模での経済の停滞、中国国内の感染拡大により経済が減速する見通しなどがあった。

chart21



東証リート指数は一時大きく下げる場面があったが横ばい。日経平均株価は昨年末比△7.60%(28,791.71→26,604.84)、TOPIXは昨年末比マイナス5.76%(1,992.33→ 1,877.58)で。私の投資資産の評価損益はマイナス0.75%程度。先月よりはややプラスだが依然としてマイナス圏。



続きを読む

2021年4月に権利取得した銘柄・6銘柄(初取得なし)

2022/4/26(火)は4月末日権利銘柄の権利付き最終売買日。この4月に権利取得した株主優待銘柄を記録しておく。

2022年4月 6銘柄(初取得0)
2021年4月 8銘柄(初取得1)
2020年4月 6銘柄(初取得0)
2019年4月 8銘柄

□市況

スクリーンショット 2022-04-26 19.55.04

4月市況は右肩下がり。ウクライナ情勢は膠着状態で長引く。国内ではガソリン価格上昇など諸物価の上昇が見られインフレ傾向。国内景気が好転する気配は見えないが、一時先送りになっていた米国政策金利の引き上げが再議論に乗るなど株価が上昇するためのきっかけが見られない。東証リート指数はほとんど変化がないが、微減程度か。
chart21

個人成績は昨年末比-2%程度。先月より微減。



続きを読む

2022年3月に権利取得した銘柄・52銘柄(うち初取得7銘柄)

2022/3/29(火)は3月末日銘柄の権利付き最終売買日だった。そこで、自分が今回権利を取った銘柄をリストアップする。


2021年3月度の権利取得銘柄は52銘柄になった。新規7銘柄。最近権利取得に拘りすぎて銘柄数が増えてしまい管理しきれなくなっているので昨年から減らそうとしている。なのに、昨年から1減と全然減らせなかった。というのも、今年は配当と株主優待の両方を狙える銘柄として地方銀行・リース会社を重点的に取得。その分、配当金の少ない銘柄を売却していった。だが3月以外の銘柄の売却が多く、3月分はあまり減らせなかった。次回以降もう少し厳選していきたい。

QUOカード22銘柄、カタログギフトまたはプレミアム優待倶楽部が13銘柄、食事券4銘柄、買い物券2銘柄、食品4銘柄、飲料3銘柄、その他映画招待券、化粧品、歯磨き粉、ジェフグルメカード。



続きを読む
2022年権利日
末日権利日の権利付最終売買日
2022年7月27日(水)
2022年8月29日(月)
2022年9月28日(水)
2022年10月27日(木)
2022年11月28日(月)
2022年12月28日(水)
詳しく。
最新コメント
ギャラリー
  • ひろぎん:QUOカード500円 2022年3月権利(7337)・他に美術館招待券、野球・コンサート抽選招待
  • ひろぎん:QUOカード500円 2022年3月権利(7337)・他に美術館招待券、野球・コンサート抽選招待
  • 朝日放送:QUOカード500円 2022年3月権利(9405)・大阪キー局番組QUOカード年2回
  • 朝日放送:QUOカード500円 2022年3月権利(9405)・大阪キー局番組QUOカード年2回
  • 商品選択した株主優待の到着報告:飯野海運、群馬銀行、沖縄セルラー電話
  • 商品選択した株主優待の到着報告:飯野海運、群馬銀行、沖縄セルラー電話
  • 商品選択した株主優待の到着報告:飯野海運、群馬銀行、沖縄セルラー電話
  • 酢豚定食@大阪王将
  • BB太田昭和:QUOカード2,000円分 2022年3月権利(9658)
  • ライブドアブログ