株主優待侍

楽しみながら投資をする。株価の騰落に一喜一憂することなく、長期で投資を継続し、インカムゲインを享受し続ける。それに役立つ、情報として株主優待の受け取った記録を残し、株主総会・株主交流会・決算説明会などの出席記録、株式取引に関する雑記、銘柄比較を中心に書いていきます。

権利取り

2023年1月に権利取得した銘柄・2銘柄(初取得なし)

2023年1月27日(金)は1月末日権利日の銘柄の権利付き最終売買日だった。そこで、2023年1月に権利取得した株主優待銘柄を紹介する。

1月はもともと数が少ないこともあるが投資方針を変更したこともあり、4減の2銘柄のみ。新規参入銘柄はなし。以下で株価は1/27終値。

2018年1月 4銘柄
2019年1月 6銘柄
2020年1月 8銘柄 初取得3
2021年1月 6銘柄 初取得0
2022年1月 6銘柄 初取得1
2022年1月 2銘柄 初取得0


□相場概況

1月は年始から下落して始まった。日経平均株価は昨年末26,094.50円から二日間で25,820.80円まで273.7円も下落。その後、2万6千円前後で低迷したあと、月後半は徐々に回復した。1/27終値は27,382.56円で昨年末比プラス4.94%。米国株が回復しているのが主要因だが国内要因としては円高進行が一服し、さらに日銀金利政策に変更がなかったため安心感が出た。TOPIXは1,891.71から1,982.66とプラス4.81%。投資資産は昨年末比でプラス0.86%。市場平均に対しては大負け。

日経平均株価:
スクリーンショット 2023-01-27 19.55.53




続きを読む

2022年12月に権利取得した銘柄は28銘柄(うち初取得5銘柄)

2022年12月末日権利銘柄の権利付き最終売買日は2022年12月28日(水)でした。そして30日(金)が権利落ち日で大納会。私が今月権利取得した銘柄をリストアップします。

今回は28銘柄で昨年より1銘柄増。初取得5銘柄。過去最高数になってしまった。若干資金的に余裕があったので調子に乗って買ってしまった。QUOカード8銘柄、その他金券2銘柄(デジタルギフト含む)、食事券3銘柄、飲料2銘柄(選択含む)、お米1銘柄、食品3銘柄(選択式含む)、商品選択7銘柄(カタログギフト、プレミアム優待倶楽部、自社サイトのポイントを含む)、健康食品1銘柄、その他自社サービス1銘柄。


2018年12月 26銘柄
2019年12月 28銘柄(うち初取得7銘柄)
2020年12月 25銘柄(うち初取得5銘柄)
2021年12月 27銘柄(うち初取得4銘柄)
2021年12月 28銘柄(うち初取得5銘柄)

□市況


月初に2万8千円台を回復するも、中旬に米国株安の影響を受けて急落。その後は低迷。急落の原因は、米国の利上げ減速観測が主因かと思う。景気減速懸念があるのだろうか。さらに日本の利上げ容認姿勢そして結果として円安ドル高が是正されたことかと思う。東証リート指数も下落。

スクリーンショット 2022-12-28 17.46.05





続きを読む

2022年11月に権利取得した銘柄は10銘柄(初取得1銘柄)

2022年11月28日(月)は2022年11月末日権利銘柄の権利付き最終売買日だった。この日の大引けまでに株を買い持ち越せば、株主優待の権利を取得することが可能となる。翌営業日の11月29日(火)以降に売却してもその権利は変わらない。

今回は昨年より2増の10銘柄、初取得1銘柄。初取得は昨年取得したが、1年以上の継続保有条件がついていたため今年から優待品が届くようになる。QUOカード6銘柄、ジェフグルメカード2銘柄、ホテル割引1銘柄、自社商品1銘柄。ほとんどはほぼ毎年獲っている銘柄。権利数が少ないのでやむを得ない。

2018年 8銘柄
2019年 10銘柄(初取得2銘柄)
2020年 12銘柄(初取得2銘柄)
2021年 8銘柄(初取得1銘柄)
2021年 10銘柄(初取得1銘柄)

□市況

この一ヶ月の日本市場は米国の景気指数に反応して乱高下しながらも徐々に回復傾向にある。何度かのトライを繰り返したあと、11/28終値では2万8千円台をなんとか維持。日経平均株価は28,162.83円で昨年末比△2.18%。一方TOPIXは、2,004.31ポイントで昨年末比+0.60%と日経平均株価を上回っている。また、東証リート指数は1975.23ポイントで昨年末比△4.41%。

スクリーンショット 2022-11-28 16.44.57

続きを読む

2022年10月に権利取得した銘柄・5銘柄(うち初取得0)

2022年10月27日(木)は10月末日権利日の権利付最終売買日だった。29日(金)が権利落ち日。ちょっと忙しかったのもあり、権利付き最終日をうっかり忘れてしまっていた。

2018年 4銘柄
2019年 9銘柄(初取得3)
2020年 8銘柄(初取得2)
2021年 8銘柄(初取得0)
2022年 5銘柄(初取得0)

10月は非常に株主優待権利銘柄の少ない月。だが、少ないからと基準にあわない銘柄を無理して取得するのを止めたので数は減った。クオカードが3件、他に食事券、そうざい券。長年取得してきたワイン銘柄は、それほど好きではない赤ワインしか届かないので売却。お菓子も沢山届いて嬉しいのだが、半分くらいは好きではないものがあり無理して消費するのがしんどくなってきたのでこちらも長期間取得してきたのが売却。


昨年分のタイトルは9銘柄となっているが、1つ長期保有条件がついていたのを見逃していて取得失敗しているので上記履歴が正しい。



続きを読む

2022年9月に権利取得した銘柄・32銘柄(初取得3)

2022年9月28日(水)は9月月末権利銘柄の権利付き最終売買日でした。今回取得した銘柄は32。うち3銘柄が初取得でした。昨年から3減。

内訳はQUOカード 12、カタログギフトまたは同等の商品選択(プレミアム優待倶楽部) 6、食事券 4、食品(お米を含む) 3、コーヒー 2、映画 1、その他金券 2、化粧品等 1、カレンダー 1。


2022年9月 32銘柄(初取得3銘柄)
2021年9月 35銘柄(初取得6銘柄)
2020年9月 35銘柄(初取得4銘柄)
2019年9月 29銘柄(初取得10銘柄)
2018年9月 18銘柄(初取得4銘柄)



■市況


2022/9/28日経平均株価の終値は26,173.98円と、この1ヶ月で6.83%も下落。主に米国FOMCにより利上げが行われ、かつ利上げが継続されそうな観測があるため。米国株価が下落し、その影響もあり日本株も下落した。これで昨年末比では、9.09%の下落となった。また東証リート指数も1916.79ポイントとなり、昨年末(2,066.33)比では7.24%の下落。リートは金利が上昇すると投資口価格が下落する傾向にあり、この1ヶ月で大きく下落した。米国は日本よりもインフレの進行が速く、急なためそれに対応することが重要政策となっている。
スクリーンショット 2022-09-28 20.39.37

投資資産は昨年末比でほぼプラスマイナス0で、ごくわずかにプラス。リートの下落や、昨年コロナで株価が上昇していた銘柄がここにきて大きく下落しているようだ。

chart21

続きを読む
2023年権利日
末日権利日の権利付最終売買日
2023年1月27日(金)
2023年2月24日(金)
2023年3月29日(水)
2023年4月26日(水)
2023年5月29日(月)
2023年6月28日(水)
2023年7月27日(木)
2023年8月29日(火)
2023年9月27日(水)
2023年10月27日(金)
2023年11月28日(火)
2023年12月27日(水)
詳しく。
最新コメント
ギャラリー
  • 東京テアトル:映画招待券 2022年9月権利(9633)
  • 東京テアトル:映画招待券 2022年9月権利(9633)
  • 東京テアトル:映画招待券 2022年9月権利(9633)
  • ロックフィールド:おそうざい券1,000円分 2022年10月権利(2910)
  • ロックフィールド:おそうざい券1,000円分 2022年10月権利(2910)
  • EJ HD:QUOカード1,000円 2022年11月権利(2153)
  • EJ HD:QUOカード1,000円 2022年11月権利(2153)
  • 萩原工業:商品選択 2022年10月権利(7856)・長期保有で倍額になる
  • 萩原工業:商品選択 2022年10月権利(7856)・長期保有で倍額になる
  • ライブドアブログ