株主優待侍

楽しみながら投資をする。株価の騰落に一喜一憂することなく、長期で投資を継続し、インカムゲインを享受し続ける。それに役立つ、情報として株主優待の受け取った記録を残し、株主総会・株主交流会・決算説明会などの出席記録、株式取引に関する雑記、銘柄比較を中心に書いていきます。

利回り比較

2月権利の金券優待銘柄 2021年

QUOカード、図書カード、カード会社ギフトカードのように特定の企業グループの店舗に限らず汎用的に使えて、有効期限のない金券は、ほぼ優待品の魅力ではなく単純に利回りでの比較が可能。もちろんこれは優待の優劣だけであって、株式の購入にあたっては銘柄ごとの精査する必要がある。が、ここではその前段階の利回りの比較で詳しく検討する銘柄を選別するためのもの。

なお、2月は小売企業が多いため、ギフトカード銘柄が多いのでQUOカード・図書カードとそれ以外を分けてリストしている。ギフトカードの他に、ジェフグルメカードやTポイントもあり。

お米券は対象外。1年以上継続保有が必要などの長期保有条件がついていて、今回新規で購入した場合に金券優待を貰えない銘柄は除外した。2021/1/22終値時点。


2月権利のある銘柄数は145
うち、買い物券・プリペイドカードは、45

リストアップしたのは、クオカード・図書カード優待が13銘柄、ギフトカード優待は14銘柄。合計27銘柄。

スクリーンショット 2021-01-23 1.40.13

続きを読む

プレミアム優待倶楽部・優待利回り比較 2021年1月・2月権利分

数年前から株主優待としてプレミアム優待倶楽部を採用する企業が増えている。一方、せっかく導入したのに1〜2年で廃止するところもありなかなか安定しない。魅力的な自社商品・サービスがあり、一般消費者に提供可能であれば優待品を実売価格よりも安価に調達できて株主の満足度も高く、自社のファンにもなってもらえるのだが、B2B企業や手頃な価格帯での商品・サービスを提供出来ない場合、ある程度優待品にもコストがかかってしまう。株主数が増加すると優待コストが増し維持できなくなってしまい廃止や改悪へと向かってしまう。

プレミアム優待倶楽部は専門企業が経験に基づき設計することが可能なのでこのような改廃もサービスが枯れてくればなくなっていくだろう。その一方、長期保有優遇やポイントの繰り越し、株数増に応じてきめ細かく贈呈ポイントを変更するなどの手間を丸投げできる。商品の品揃えも株主の要望に応じて幅広くできるので株主の満足度も高まるだろう。

さて株数に応じて贈呈ポイントを変更する自由度が高いので、企業側がどの当たりの株主に手厚く還元するか決められるので、闇雲に株主数を増やすだけでは無く、ある程度の株数を保有してもらいやすくもできる。一般的な株主優待は優待に必要な最低株数の時の優待利回りが最も高くなるのだが、プレミアム優待倶楽部の場合にはそうではない。そこで各銘柄ごとの優待利回りを所有株数ごとに計算して比較するのがこの記事の目的。

1月分は20日権利のタカショー1銘柄なので、ついでに2月権利の3銘柄も掲示した。2020/12/25終値で計算。昨年から銘柄数は1減。[9264]ポエックが優待制度の休止を発表した(PDF)。


続きを読む

1月権利の金券優待 2021年

株式投資におけるインカムゲインは、配当によるものが主である。が、株主優待品として金券を贈呈している場合には、金券がほぼ現金同様に使えるのであれば、配当金と同じようにインカムゲインとして換算しても問題ないだろう。配当金が所有株数に比例するのと違って株主優待は、少額の投資家ほどよりお得になるように設計されていることが多い。そこで配当利回りに加えて株主優待をもらうことができる最低資金に対して、受け取る金券の額面を利回り換算したものを優待利回り、配当利回りと優待利回りを単純に足し合わせたものを総合利回りと称して、比較している。配当利回り・優待利回りは2.5%以上を高利回り、総合利回りで4.00%以上を高利回りと考えている。

金券としてはQUOカード、ギフトカード、商品券、図書カードなど。お米券を金券にする場合があるが、ここでは除く。また、長期保有条件があり、今回の権利日の前に購入して始めて権利をとったときに優待品を受け取ることができない銘柄も除外している。

2021年1月末日権利日の権利付き最終売買日は2021/1/27(水)。20日権利日の場合の権利付き最終売買日は2021/1/18(月)である。


1月権利の銘柄は、36
うち、買い物券・プリペイドカード 7

今回リストアップした銘柄は昨年より1銘柄減って以下の6銘柄。株価等は2020/12/25終値時点。

スクリーンショット 2020-12-26 2.15.36

続きを読む

プレミアム優待倶楽部・優待利回り比較 2020年12月権利分

数年前から株主優待としてプレミアム優待倶楽部を採用する企業は増加中。この2020年12月も3社が増えて、9社となった。その中の1社にプレミアム優待倶楽部を運営する、ウィルズも初参入。

株主優待としては自社商品・サービスを提供するのが定番だが、企業向けサービスであったり消費者に直接関わらない商品を提供している企業では一般的に喜ばれる商品を購入して株主に提供してきた。かつて定番はお米やお米券、図書カードであり、それがQUOカードやギフトカードなどが増加、カタログギフトもあるが高額になりがちだった。プレミアム優待倶楽部は、2018年頃から採用する企業が急増している。

株数に応じて柔軟に付与ポイントを変えたり、保有期間に応じた優遇。翌年への繰り越しや他社のポイントと合算できるWillsポイントに交換することも可能。商品数は2,000点を超え、自社商品がその中に入っている場合もある。極めて柔軟なサービスで使い勝手がよい。

12月に権利がある9社の中で、投資資金が最少なのが[2436]共同ピーアールの9万円台。優待利回りが高い[1431]Lib Workの2.92%。ただ投資金額が200万円必要なのが難点。ここと[2436]共同ピーアール、[2499]日本和装ホールディングスが、2%を超えているが、他社はほとんど1%未満となり率はよくない。

ただし、プレミアム優待倶楽部では一般的な株主優待と違って最低単位の優待利回りが一番好いというのと違い、株数が増えたときに優待利回りが大きくなることがある。そこで個別銘柄の各株数の優待利回りを列挙していく。なお配当金予測が未定の銘柄もあり、配当利回りはあまり参考にならないかもしれない。煩雑なため2年目以降の優待の表示は省略した。

株価は2020/11/27終値を使用。プレミアム優待倶楽部の付与ポイント数はポータルサイトのものを参照した。


スクリーンショット 2020-11-30 1.34.24


続きを読む

12月権利の金券優待 2020年

毎月金券優待の利回り比較をしている。金券は現金に近い使い方ができ、商品価値に大きな違いはないので単純に額面だけで比較しやすい。それを購入するのに必要な資金の他に、権利落ちのリスクや株価の値上がり可能性や値下がりリスクなどもあるのだが、単純比較であれば優待利回りでの比較で優劣を決めやすい。

なので、毎月の金券優待を必要資金と利回りで比較して、大まかな目星を付けるために比較している。実際に購入する前には、きちんと個別銘柄を見て様々なリスクや、長期保有するかどうかの判断を行う必要がある。まず、入り口として利回りを使って選別していこうというのがこの企画。

今回初めて購入して金券優待を貰えるもののみを対象とし、長期保有条件があるものはリストからは除外。また金券としてはQUOカード、図書カード、ギフトカード、ジェフグルメカードなどの特定の企業グループに限定されない汎用的に使えるもの、有効期限のないものとする。お米券、たまご券なども場所によって金券同様に使える場合もあるが、私はそのような使い方をしないため対象外としている。なにぶん数が多いので間違いがあるかもしれない。売買前には自分自身で内容を確認してからにして欲しい。

なお、2020年は12月31日(木)が取引所休日になる。
12月末日権利の権利付き最終売買日は、12月28日(月)。権利落ち日は12月29日(火)。
12月20日権利の権利付き最終売買日は、12月16日(水)。権利落ち日は12月17日(木)。

株価等は11/27終値時点。


12月権利銘柄:186
うち、買い物券・プリペイドカード:64

続きを読む
2021年権利日
末日権利日の権利付最終売買日
2021年1月27日(水)
2021年2月24日(水)
2021年3月29日(月)
2021年4月27日(火)
2021年5月27日(木)
2021年6月28日(月)
2021年7月28日(水)
2021年8月27日(金)
2021年9月28日(火)
2021年10月27日(水)
2021年11月26日(金)
2021年12月28日(火)
詳しく。
最近到着した優待
1/13 MSOL
1/14 萩原工業
1/20 オリバー
1/20 ロックフィールド
最新コメント
ギャラリー
  • ロックフィールド:食事券 2020年10月権利(2910)
  • ロックフィールド:食事券 2020年10月権利(2910)
  • オリバー:ジェフグルメカード1,000円 2020年10月権利(7959)
  • オリバー:ジェフグルメカード1,000円 2020年10月権利(7959)
  • 萩原工業:商品選択 2020年10月権利(7856)・岡山の産品等から選ぶ
  • 萩原工業:商品選択 2020年10月権利(7856)・岡山の産品等から選ぶ
  • 萩原工業:商品選択 2020年10月権利(7856)・岡山の産品等から選ぶ
  • 2月権利の金券優待銘柄 2021年
  • 2月権利の金券優待銘柄 2021年

  • ライブドアブログ