株主優待侍

楽しみながら投資をする。株価の騰落に一喜一憂することなく、長期で投資を継続し、インカムゲインを享受し続ける。それに役立つ、情報として株主優待の受け取った記録を残し、株主総会・株主交流会・決算説明会などの出席記録、株式取引に関する雑記、銘柄比較を中心に書いていきます。

株知識

『マネーの魔術史』




現在世界中で金融緩和が行われている。日本でも2013年4月4日に日本銀行の黒田東彦総裁から「量的・質的金融緩和」として発表されました。長期間デフレに苦しんだ日本経済への資金供給量の拡大により期待インフレ率の引き上げを通じてデフレ脱却を狙っている。が、一時的にわずかなインフレ率の上昇が見られたが、未だにその時の計画は達成されていない。

本書では、金融緩和とは何か。そしてどのような結果をもたらすのかを、過去の日本あるいは世界でマネーの供給量拡大の歴史をいくつかの金融緩和イベントの例を挙げて説明している。

続きを読む

『知ってそうで知らなかった ほんとうの株のしくみ』




山口 揚平
発売日 ‏ : ‎ 2013/10/1

企業価値に注目して割安な株を探して購入する手法や、株式投資に関する考え方・いかに損をしないかについて書かれた投資本。

株式投資とは、「買値よりも高く売りぬくこと」ではなく「今ある資産(現金)をより価値のある資産(証券)に交換するプロセスである」と説明。企業の本質的価値を見抜き、それと比較して株価が安ければ買う。そのためには企業の価値を計算できなければならないという。その簡単な方法として公開された決算書などからだけで企業価値を計算する手法が紹介されている。

続きを読む

2022年の優待権利取り日程

例年より早めになるけど、来年の権利取りカレンダーを作成した。

2022年の12ヶ月分の権利日、権利付き最終売買日、権利落ち日を独自に計算して掲載します。間違いがないように作成しているが、勘違いなどがあるかもしれない。実際の売買には証券会社などが提供する情報などで要確認。



権利日が末日の場合:
末日権利日権利付き最終売買日権利落ち日
2022年1月1月31日(月)1月31日(月)1月27日(木)1月28日(金)
2022年2月2月28日(月)2月28日(月)2月24日(木)2月25日(金)
2022年3月3月31日(木)3月31日(木)3月29日(火)3月30日(水)
2022年4月4月30日(土)4月28日(木)4月26日(火)4月27日(水)
2022年5月5月31日(火)5月31日(火)5月27日(金)5月30日(月)
2022年6月6月30日(木)6月30日(木)6月28日(火)6月29日(水)
2022年7月7月31日(日)7月29日(金)7月27日(水)7月28日(木)
2022年8月8月31日(水)8月31日(水)8月29日(月)8月30日(火)
2022年9月9月30日(金)9月30日(金)9月28日(水)9月29日(木)
2022年10月10月31日(月)10月31日(月)10月27日(木)10月28日(金)
2022年11月11月30日(水)11月30日(水)11月28日(月)11月29日(火)
2022年12月12月31日(土)12月30日(金)12月28日(水)12月29日(木)


続きを読む

業界地図 2022年版

「会社四季報」業界地図 2022年版 1,430円(Kindle版 1,287円)を購入した。

日本の経済界を174の業界に分類して、各業界別に主要企業の売上高、シェア、市場規模、順位、提携関係などを整理して図示。業界ごとのトレンドや課題なども分かりやすく解説している。上場企業以外の主要企業、業界によっては提携外国企業も掲載されているので、序列や企業の協力関係、資本関係が一見で把握できる。

続きを読む

リートの格付けについて

J-REITを配当金(分配金)収入の柱の一つとして保有数を増やしてきている。J-REITは、投資主から資金を集めて不動産を購入・保有して、その賃貸収入を主な収入としている。投資主から資金を集めるため、格付け機関からの格付け取得によって発行体の信用力を高めることは有効である。また、自己資金と同額近くの資金を金融機関等から借り入れたり、債券を発行して資金調達しており格付けの取得はここでも有効である。

また日本銀行が、J-REITの投資口を取得する金融緩和策を採用しており。その際の銘柄選択の基準の中に格付けが入っている。『リート(不動産投資信託)であって、「AA格」相当以上のもので、信用力 その他に問題のないもの』とされている。

そのため、我々がJ-REITを購入するときの銘柄選択の基準として、この格付けを参考にしたほうがよいのではないかと考え、自分は重視している。AA格以上の銘柄を選択するのもひとつの戦略ではあるが、日銀が発行済み投資口数の5%を買い入れの上限とする制限を採用しており、すでいくつかの銘柄ではこのリミットに達していると言われており、そうであれば今後そのらの銘柄での買い増しが考えにくく、AA格のひとつ下のランクまで将来買い入れ対象になるかもしれないと考えるのもひとつの戦略かもしれない。

自分は普段Yahoo!ファイナンスから不動産投信情報ポータルを閲覧して、J-REITの情報収集をしている。このポータルでは以下の4つの格付け機関の格付けの情報を表示している。それぞれについて、格付け符号が意味すること知っておくことが必要と思い、まとめた。

S&P【Standard & Poor’s(スタンダード・アンド・プアーズ)】
Moody's【Moody’s(ムーディーズ)】
R&I【格付投資情報センター】
JCR【日本格付研究所】



続きを読む
2022年権利日
末日権利日の権利付最終売買日
2022年7月27日(水)
2022年8月29日(月)
2022年9月28日(水)
2022年10月27日(木)
2022年11月28日(月)
2022年12月28日(水)
詳しく。
最新コメント
ギャラリー
  • ひろぎん:QUOカード500円 2022年3月権利(7337)・他に美術館招待券、野球・コンサート抽選招待
  • ひろぎん:QUOカード500円 2022年3月権利(7337)・他に美術館招待券、野球・コンサート抽選招待
  • 朝日放送:QUOカード500円 2022年3月権利(9405)・大阪キー局番組QUOカード年2回
  • 朝日放送:QUOカード500円 2022年3月権利(9405)・大阪キー局番組QUOカード年2回
  • 商品選択した株主優待の到着報告:飯野海運、群馬銀行、沖縄セルラー電話
  • 商品選択した株主優待の到着報告:飯野海運、群馬銀行、沖縄セルラー電話
  • 商品選択した株主優待の到着報告:飯野海運、群馬銀行、沖縄セルラー電話
  • 酢豚定食@大阪王将
  • BB太田昭和:QUOカード2,000円分 2022年3月権利(9658)
  • ライブドアブログ