株主優待侍

株主優待に関する銘柄紹介や、株主総会情報、株式取引に関する雑記、金融・経済情勢まで含めて身近な話題を中心に書いていきます。

振り返り

数字で振り返る2019年株式市場

2019年の株式市場を数字で振り返る企画。


2019年を総括するニュース記事を見てみる。


■今年の相場ポイント
  1.日経平均は2年ぶりに上昇、一時バブル崩壊後の高値に接近
  2.史上最長の好景気による米株高が上昇相場を後押し
  3.米中対立激化で上値を抑えられ調整する場面も
  4.年後半の円安進行や半導体需要回復期待が追い風
  5.米中貿易協議の部分合意で日経平均は一時2万4000円台乗せ

 今年は日経平均株価が昨年末比3641円(18.2%)高の2万3656円と2年ぶりに大幅上昇して取引を終えた。12月17日にはザラバベースで2万4091円まで買われ、一時昨年10月に付けたバブル崩壊後の高値に接近する場面があった。年間を通して史上最長の好景気が続く米国の株高が上昇相場を後押した格好だ。


2018年は厳しい1年だったが、2019年は一転上昇相場。とは言え、一貫してよかったはけではなく米中対立で苦しみながらの1年。2万4千円台回復は上出来。


【2019年・前引】
・日経平均 始値 19655.13  終値 23714.68  騰落率+20.65%
・TOPIX  始値 1468.42  終値 1724.79   騰落率+17.45%
・マザーズ 始値 797.84 終値 896.28  騰落率+12.33%
・JASDAQ  始値 134.86  終値 174.01  騰落率+29.03%
・東証2部 始値 6144.00  終値 7265.81  騰落率+18.25%
・REIT   始値 1758.69  終値 2141.80  騰落率+21.78%

続きを読む

2019年の資産評価推移

2019年の個人投資成績についての振り返り企画。昨年のものはこちら。

株主優待侍「2018年の資産評価推移


■2019年の評価額推移


□評価額の月別推移


2017年末の投資資産評価額を100%としてその後どのように推移したのかをグラフ化。株式投資(日本株とJ-REIT)のみの金額。

スクリーンショット 2019-12-31 5.44.23


続きを読む

2018年の資産評価推移

2018年の個人投資成績についての振り返り企画。昨年のものはこちら。

株主優待侍「2017年の資産評価推移


■2018年の評価額推移


104-1



2017年末の投資資産評価額を100%としてその後どのように推移したのかをグラフ化。株式投資のみの金額。


続きを読む

数字で振り返る2018年株式市場

昨年もやった1年間の市場振り返り企画。

まず年末大納会のニュースから。


大納会は株高とはならず小幅安。日経平均は2万円台に乗せて終えたが、最後は腕力で押し上げたような動きにも見え、前日の大幅高でセンチメントが改善したというほどの動きではなかった。とは言え、3日連続の陽線、週足でも陽線となっており、最悪期は脱した感がある。


2018年の年間騰落率を見ると、日経平均が-12.1%(約2750円の下落)、TOPIXが-17.8%、2部指数が-14.3%、マザーズ指数が-34.1%、ジャスダック平均が-18.7%と、株式は惨敗となった。REIT指数が+6.7%とプラスを確保。


18年は大変厳しい相場環境になりました。大発会から大発会でいきなり+741.39円と爆発的な上げ、年明け後三連騰で千円以上あげ一時2万4千円台に乗せる好発進。ところが、2月は月初めに2千円以上下げる。米利上げ観測が高まったのが主因。3月は下旬に千円近い下落、米中貿易戦争の恐れが高まった。そしてその後は年末までは常に米中関係の悪化懸念のイベントで急落、関係改善への期待で株価回復と米中関係に振り回される年となった。年末の12月も後半になって下落を続け、12月25日クリスマス当日に1,000円超の下落。最終的に2万円台に戻すことはできたが、1年間で2,750.17円下げることとなった。

2017年はビットコインをはじめとする仮想通貨がブームとなり2018年は仮想通貨の年となると思われたが、1月にコインチェック社からNEM(XEM)の流出事件で相場が急落しブームはしぼんでしまった。
続きを読む

数字で振り返る2017年株式市場


昨年もやった1年間の市場振り返り企画。

まず年末大納会のニュースから。


大納会の株価としては1991年末以来26年ぶりの高水準で1年の取引を締めくくった。東証1部の時価総額は674兆円と、これまで最大だった1989年の591兆円を大幅に上回り、年末としては過去最高に膨らんだ。


--
2017年の主要な指数の騰落率は、日経平均+19.1%、TOPIX+19.7%、2部指数+39.1%、マザーズ指数+30.7%、日経ジャスダック平均+44.2%、東証REIT指数-10.4%となった。
--

17年は年間を通して非常にいい相場でした。大きく値を下げる月もなくほとんど混乱なく上がり続け、しかも終盤にかけ一段と成長するというすばらしさ。買いで参加している投資家はほとんど利益を得ているのではないでしょうか?

しかも今年はビットコインをはじめとした暗号化通貨の市場取引が拡大して取引総額も取引価格も急伸。新しい投資対象が増え大いに盛り上がった年、大いに潤った年になったのではないかと思います。

が、ビットコインとかは何を指標として見ればいいのかよく分かりませんので、今回は旧来型の市場のみの値を概観します。


■日経平均株価(ヤフーファイナンス

2016年終値19,114.37円
2017年始値19,298.68円
2017年終値22,764.94
年初来高値:23,382.15(2017年11月9日)
年初来安値:18,224.68(2017年4月17日)

NIKKEI225

続きを読む
2019年権利日
末日権利日の権利付最終売買日
2020年6月26日(金)
2020年7月29日(水)
2020年8月27日(木)
2020年9月28日(月)
2020年10月28日(水)
2020年11月26日(木)
2020年12月28日(月)
詳しく。
最近到着した優待
5/29 ノエビア
5/29 東京個別指導学院
5/29 アレンザ
5/29 ライフフーズ
5/29 シンメンテ
5/29 マクニカ富士
5/30 エコス
5/30 リテールパートナーズ
6/1 リンガーハット
6/1 アダストリア
6/1 サマンサタバサ
6/4 イオンモール
6/4 エイトレッド
最新コメント
ギャラリー
  • グラタン&パンケーキ@上高地あずさ珈琲/クリレス株主優待券利用
  • グラタン&パンケーキ@上高地あずさ珈琲/クリレス株主優待券利用
  • グラタン&パンケーキ@上高地あずさ珈琲/クリレス株主優待券利用
  • グラタン&パンケーキ@上高地あずさ珈琲/クリレス株主優待券利用
  • ノエビア:商品選択 2020年3月権利(4928)・化粧品等の自社製品から選択
  • ノエビア:商品選択 2020年3月権利(4928)・化粧品等の自社製品から選択
  • 中本パックス:QUOカード1,000円 2020年2月権利(7811)
  • 中本パックス:QUOカード1,000円 2020年2月権利(7811)
  • ドトール・日レス:プリペイドカード 2020年2月権利(3087)

  • ライブドアブログ