複数の株主優待を次々と利用した日があったので、その日の日記を書いてみる。

まず、よくいくショッピングモール近くの魚べいで昼食を食べる。

IMG_7595




昼食は外食が多いが、比較的時間の自由が効くのでランチタイムのコア時間帯12:00〜13:00は外すようにしている。株主優待を使って現金をほとんど使わずに利用しているのでせめてもの心遣い。この日は、少し早めに入ったので待ち時間なし。
IMG_7596

魚べいはネタによって少し値上げをしたが、基本的な価格はほとんど変わっていない。来店時には受付機で受け付けて、案内機で座席番号券を発券して座席につきタッチパネル端末で注文。高速レーンで注文の品物が届く。回転ずしではあるが、レーンをネタが回っているわけではないので、ネタは握りたて、途中でいたずらされる心配もない。支払いも通常は支払機を使うので入店後一度も店員と対話することなく利用可能。ただし、株主優待券を利用する場合には人間のいるレジを利用する必要がある。
IMG_7597

この日は、がり(無料)サーモン握り120円、いか握り110円、えび握り110円、鉄火巻き120円、かけうどん170円の合計630円。支払いは[9850]グルメ杵屋の株主優待券500円×1枚と現金130円。1皿減らせば現金支出を10円〜20円に抑えることが可能だが、それだと少し物足りないのだから仕方ない。なお、魚べいは[9828]元気寿司が運営する回転ずしチェーンだがグルメ杵屋などと株主優待券の相互利用が可能


続いてショッピングモール内にある映画館MOVIXで映画を鑑賞。観た作品は『Tar/ター』。アカデミー賞作品賞を含む6部門ノミネートの傑作。本編:158分の大作だが長さを感じさせない力強さを感じた。対話が多いので字幕苦手な人にはしんどいかも。[9601]松竹の株主優待カードで鑑賞したので現金支出なし。
IMG_7598


同じショッピングモール内の丸善書店で新書を購入。中野京子著『美貌のひと』。最近は電子書籍があれば電子書籍を買うのだが、絵画テーマの本は紙で見た方がキレイに見えると思っている。電子書籍は小説など文章中心だったりコミックスなど巻数が多くなりがちなもの。税込み1,012円を株主優待でもらったQUOカードで支払い。どこのだったかは失念。なお[3159]丸善CHIホールディングスの商品券があれば使いたいのだが、年間1,000円分程度しかもらっていないのでこの時は手持ちがなかった。また図書カードもあまり貰うことが少ない。QUOカードが使えるので助かる。そしてhontoカード提示で、hontoポイントとdポイントを付与してもらう。


さらに同じショッピングモール内の100円ショップで雑貨を1点購入。110円の支払いはnanacoなのだが、このnanacoポイントは自分でチャージしたことがない。主にクレジットカードのポイント交換なのだが、年間数百円は[8308]りそなホールディングスの株主優待利用でもらえるポイントを交換したもの。銀行口座の利用状況で優待以外のものもプラスされている。


続いて同じショッピングモール内のコメダ珈琲で休憩。ミニシロノワールのドリンクセット(カフェオレ)900円に+100円でドリンクはたっぷりサイズに。シロノワールはミニしか食べたことがないが一人分には十分なサイズ。ミニでないのはどれほど大きいことだろうか。しばし読書。支払いは[3543]コメダホールディングスの株主優待でもらったコメカ。
IMG_7601


最後に帰り道にあるマツモトキヨシで別の雑貨を購入。支払いはQUOカード。[3088]マツキヨココカラ&カンパニーの株主優待券も貰っているのだが、すぐに使ってしまうのでこの時にはすでに手元になし。やはりマツキヨのポイントとdポイントを貰う。


結局、この日は半日ほどウロウロして使った現金は昼食の端数130円のみ。