1/19に東京テアトルから株主優待が届いた。普通郵便。

theater2



200株保有のため合計8枚の映画券。2・3・4月券、5・6・7月券が各4枚。100株保有の場合には各2枚の計4枚になる。一般当日料金が2,000円なので年間の優待利回りは14.34%になる。単館系の作品が多いが、たまにロードショー作品もやっていることがある。劇場が東京・大阪に集中しているので地方在住者にはあまりメリットがない。
theater1


2024年3月期上半期は増収減益、ただし営業利益は増益。映像作品の制作・配給・興行、焼き鳥などの飲食店、リノベーションを中心とした不動産販売の三本柱。コロナ禍で落ち込んでいた飲食業や映画興行事業は回復しつつあり、中古マンション再生販売は営業地域拡大により売上増。一方コロナ助成金収入がなくなったため経常利益・当期利益は減少した。




ヤフーファイナンス[9633]
株価:1,116円(1/19)
必要株数:100株
必要資金:111,600円
配当予測:10円(0.90%)
PER:53.53倍
PBR:0.64倍
権利確定月:3月末日・9月末日

9633


売上高:2024年3月期予測/170億円(中間実績/87.8億円【前年同期比+ 10.7%】)
経常利益:2024年3月期予測/2.0億円(中間実績/2.3億円【前年同期比△42.4%】、経常利益率約2.6%)
総資産:中間実績/250億円
時価総額:89.4億円

株主優待の内容
映画ご招待券(株主氏名記載)
100株以上  4枚 (4枚綴 1冊)
200株以上  8枚 (8枚綴 1冊)
300株以上 12枚 (4枚綴 1冊+8枚綴 1冊)
400株以上 16枚 (8枚綴 2冊)
500株以上 20枚 (4枚綴 1冊+8枚綴 2冊)
1,000株以上 32枚 (8枚綴 4冊)
2,000株以上 48枚 (8枚綴 6冊)
※ご招待券1枚で1名様1回無料
※ご招待券綴は、以下の指定3か月有効のご招待券を半数ずつ綴った4枚綴および8枚綴で切り離し無効
 有効期限
 3月末:8月1日~同年10月末日、11月1日~翌年1月末日
 9月末:翌年2月1日~同年4月末日、翌年5月1日~同年7月末日
※特別興行等で入場制限日があります。
※3D上映は差額料金400円の追加負担で鑑賞可
※ご招待券綴の表紙に印刷された提示割引証の提示1回につき1名様に限り1,000円(3D上映は別途400円追加負担)で鑑賞いただける他、レストラン及び提携宿泊施設などで優待割引を受けられます。