Youtubeはほぼ毎日観ている。ほとんどは娯楽目的で観ているのだが、時々は投資に関係する動画も観ている。その中で参考にしているチャンネルや、その投資家が出ていると観るという人を上げていく。

■チャンネル


トウシル [楽天証券]


投資チャンネルで登録しているのは少ないのだが、数少ない中でも参考にしているのは楽天証券。コラム記事と連動しているが、記事を読むよりも動画で話を聞いた方がわかり易いものもある。著者としては故「山崎元」や「田中泰輔」が特に信頼できる。

田中泰輔氏は適宜動画を公開しており、マクロな視点での解説が参考になる。景気循環と株価など市況の波動の関連を原則として、米国金利を中心に現在経済がどのような位置にあり、さまざまなイベントがどのように影響を与えているので将来どういうことに注意すべきなのか。常に一貫しており、簡明。市場動向への理解が深まる。

これによって投資行動を決めているわけではないが、市場が今どういう場所にいるのか、自分の保有資産が上がっている、あるいは下がっている理由は何なのか、現状把握に役立っていると思う。



松井証券_MatsuiSecurities/資産運用!学べるラブリー


松井証券のチャンネルでは「資産運用!学べるラブリー」という漫才コンビ・マジカルラブリーが投資を学ぶ一連の動画が面白い。主に基本の再確認としてだが、出演者のアドリブも交えた掛け合いが面白いので投資コントとして楽しんで観ている。シーズン10までシリーズ化しているので相当人気なんだろう。

PIVOT 公式チャンネル


色々な動画を公開しているチャンネルだがアナウンサーの国山ハセンと漫才コンビ・EXITのりんたろー。が投資を学ぶという一連の動画が特に面白い。国山ハセンがよくいる投資初心者の代表として色々な投資プロに突っ込んで質問して自分の間違いを正されるという形が多く、解説者もズバズバ(やや極論も交えて)話すので飲み込み易い。

■投資家


□桐谷広人さん


個人としてYoutubeチャンネルは持っていないのだが、色々な投資チャンネルに呼ばれて話をしているし、各地で投資セミナーを行なっているものが動画として公開されている場合も多い。株主優待投資家の代表として参考にさせていただいている。とはいえ、どこでも桐谷さんのお話は基本同じで、紹介する銘柄が変わる程度。なので何度も観る必要はないのだが、BGMとして流して聴くのもよし。教えは簡単「株主優待は少額・分散投資向き」「総合利回り4%」いい優待を見つけたら安くなったところで買って我慢して持ち続ける「農耕型投資」。お手本。

□井村俊哉さん(株式会社Zeppy)


この方の投資手法は生活時間の大半を費やして、上場企業の決算や適時開示情報を全件チェックや銘柄分析を行いアルファを追い求めるもので、到底真似できるものではないが、それだけに業界分析や市況への見通しはかなり慧眼。かつては個別銘柄の分析などもYoutubeで公開していたのだが、後追い投資などで市場への影響が大きすぐるとして、こちらの活動は休止している。話し出すと止まらないのが玉に瑕。


□テスタさん


上記の松井証券の動画でも頻繁に登場。デイトレから長期まで幅広い投資手法で2005年に300万円から累計利益80億円超。この方の投資手法は感覚的な部分が多く、再現性が低いのでとても真似できるようなものではないのだが、発言は極めて穏当。極端な発言が多い投資家さんたちの中でも常識的な内容のものが多く教訓として参考にできる。他の投資家さんと一緒になってもズバズバ本音で話をしているのもよい。上記井村さんと組むとツッコミ役になり暴走を止めてくれる。