ファミリーレストランのガストで日替わりランチを食べた。

IMG_8575



支払いをするためにレジカウンターに行くとなんとセルフレジになっていた。これまでガストでは座席で清算できるようなシステムを導入してきたが、自分のスマホで操作するため決済手段が限定されていた。それが通常のレジを客自身が操作して決済するので現金を含めて様々な決済手段に対応可能となった。

そして今回自身で利用して[3197]すかいらーくホールディングスの株主優待カードが利用可能なことを確認した。が、落とし穴があったので使用方法を記述する。
1. 初期画面で「お会計をはじめる」。日本語・英語・中国語が選べるようだ。
IMG_8613


2. 伝票のバーコードをバーコードリーダーに読み込ませる。

IMG_8577
3. 注文した商品の一覧と金額を確認して問題なければ「プラチナパスポート・%割引券・優待券を利用する」ボタンを押す

IMG_8578
4. 真ん中の「優待券」ボタン

IMG_8579
5. 優待券裏面のバーコードを読み込ませる
IMG_8580

6. 利用する金額のボタンを押す。ここでは500円。
IMG_8581

7. 割引後の金額を確認して「割引券を確定して次へ進む」

IMG_8582
8. 利用するポイントを選択「利用しない」「楽天ポイント」「dポイント」「Tポイント」から

IMG_8583
9. dポイントを利用する場合、ポイントカードのバーコードを読み込ませる

10. ポイントを使うか使わないかを選択
IMG_8584

11. 支払い方法を選択。「クレジットカード」「電子マネー(交通系)」「電子マネー(交通系以外)」「バーコード決済」「現金」

IMG_8583

ここで残金をジェフグルメカードを使おうとしたが、ジェフグルメカードはスタッフが操作しないとできないものだった。他にも「個別会計」「地域振興券」「売店商品」の場合にはスタッフが対応。

ということで普段ジェフグルメカードを使ってお釣りの現金をもらっている自分は、当分セルフレジを使うことは出来なさそうです。

ガストは猫型配膳ロボットの導入では大成功を収めたが、今回はどうだろうか。次に何をする、何をするという指示どうりに操作していけばいいだけなので操作は簡単なのだが、結構画面数が多くて慣れないと時間がかかりそうな気がする。ランチタイムなど混雑時にどうなるかが気になるところ。