株主優待をできるだけリスクを減らして取る手法として、信用取引の売りを組み合わせる方法がある。いわゆる「つなぎ売り」。

つなぎ売りの基本的な考え方は、株主優待のある銘柄を現物で買い保有して、権利日より前に同じ銘柄を同じ株数だけ、信用売り。そして権利日後に信用売りの建て玉を解消することである。解消するのは現物保有株を現渡しすることが基本だが、買い戻して差額決済してもよい。現渡しであれば、かかるコストは現物買い手数料、信用売り手数料、貸株料、品貸料(逆日歩)、信用売り株価と現物買い株価の差額、証券会社ごとに定められたその他の費用。優待権利取のために行う場合には原渡しが基本で、最近のネット証券では売買手数料が無料であることが多い。貸株料は制度信用よりも一般信用取引のほうが低いことが多く、品貸料も支払う必要がないらしい。現物保有と信用売りを組み合わせることで権利落ち分のリスクをなくす手法



現物保有することで株主優待を受け取る権利や、期末権利日であれば株主総会での議決権が発生し、配当金もあれば受け取れる。ただし、配当金相当額を信用売りでは支払う必要があるので事実上配当金はゼロになると考えるべきだろう。結果として非常に低いコストで株主優待だけを受け取ることができる。さらに権利落ちでどれほど下がるかわかららない株価下落リスクを回避することが可能になる。

株主優待を受け取れるが権利落ちの不利益を回避できる。まさに優待族にとって理想のやり方。だが、この手法を自分は利用していない。

その理由は、株主優待のために株式投資をしているのではなく、株式投資を通じて株主優待や配当金を多く受け取れるようになることを目指しているから。同じように聞こえるが重要な点が違う。株主優待品が受け取られば満足なのではなく、株式投資を通じて収入を増やすというのが大事な点。そして株主優待は投資額に比例する配当金と違い、少額でも優遇されたものがもらえるので投資額に対するリターンが大きくなり心理的満足感が高いから自分にとって重要。だが配当金を受け取ることも重要。なので配当金が実質ゼロ円になるつなぎ売りは実行できない。

さらに長期保有して保有している会社が利益成長して年々増配により受け取り配当金が増加することも期待している。そのようなことになれば、おそらく株価も上昇することになるだろう。株主優待権利を取得したからといっていつもいつも手放してしまっていると自分の資金力では買えなくなってしまうかもしれない。むしろ、そういう優良銘柄は継続保有して利益成長、増配、株価上昇の恩恵を受けるべき。株主優待はそういうよい銘柄を見つける入り口。よいキッカケとする。

さらに受取配当金はマメに記録していて、今年は不労所得収入の目標の何割に達したかなどを確認する重要なKPIとして利用しているため配当金を受け取るというのはそういう意味でも必要。そのためには権利落ちのリスクは背負うべきリスク。

ただ会社自体にはそれほど魅力を感じないのだが優待が魅力的で「株主優待さえ受け取れたら満足」という会社がないわけではない。ある程度魅力を感じてはいるが、株価下落傾向にあり長期保有するのはちょっと怖いなあと思うこともある。そして初めて購入する銘柄の場合には、あまり会社について調べていないので、とりあえず一度権利だけとってそれから長期保有するかどうか考える場合にも、権利後売って翌年あるいは翌々年と権利取得を繰り返す中で長期保有に切り替えるものもある。そういう銘柄については、つなぎ売りをしてもいいのではないかとは思う。

が、上手につなぎ売りをすることは簡単とは言えない。

まず現物の取得単価よりも高い株価で信用売りしないと差額のコストがかかる。同額で取得するのが基本だろうが、上手な人は現物買い価格よりも上で売って、ちょっとした利益を得ている。売買タイミングが下手な自分には難しそうだ。売りと買いを同時に出すクロス取引もあるが、多くの証券会社でクロス取引については制限があり簡単ではなさそうだ。

さらに一般信用の場合には在庫の有無があったり、あまり早めにポジションを持つと手数料が増加する可能性がある。さらに制度信用を利用して高額な逆日歩を支払うリスクを負うのも嫌だ。

ということでこれまで、つなぎ売りを利用したことはない。将来的には一部銘柄で利用する可能性がないとは言えないが、もう少し勉強が必要。なので当分は現物保有のみでいくことになりそうだ。