株主優待侍

楽しみながら投資をする。株価の騰落に一喜一憂することなく、長期で投資を継続し、インカムゲインを享受し続ける。それに役立つ、情報として株主優待の受け取った記録を残し、株主総会・株主交流会・決算説明会などの出席記録、株式取引に関する雑記、銘柄比較を中心に書いていきます。記事中にアフィリエイト広告リンクすることがあります。

サイト紹介

Youtubeでよく観るチャンネル・投資家

Youtubeはほぼ毎日観ている。ほとんどは娯楽目的で観ているのだが、時々は投資に関係する動画も観ている。その中で参考にしているチャンネルや、その投資家が出ていると観るという人を上げていく。

■チャンネル


トウシル [楽天証券]


投資チャンネルで登録しているのは少ないのだが、数少ない中でも参考にしているのは楽天証券。コラム記事と連動しているが、記事を読むよりも動画で話を聞いた方がわかり易いものもある。著者としては故「山崎元」や「田中泰輔」が特に信頼できる。

田中泰輔氏は適宜動画を公開しており、マクロな視点での解説が参考になる。景気循環と株価など市況の波動の関連を原則として、米国金利を中心に現在経済がどのような位置にあり、さまざまなイベントがどのように影響を与えているので将来どういうことに注意すべきなのか。常に一貫しており、簡明。市場動向への理解が深まる。

これによって投資行動を決めているわけではないが、市場が今どういう場所にいるのか、自分の保有資産が上がっている、あるいは下がっている理由は何なのか、現状把握に役立っていると思う。

続きを読む

投資お役立ちサイトのマイ・インデックスでポートフォリオのリスク分析をしてみた

個人投資家のための、まじめな投資応援サイト「マイ・インデックス」というのを知ったので、登録してみた。

このサイトでは、投資の王道と言われる『インデックス投資』をゼロから学べるコンテンツと、実際の投資に役立つETF・インデックスファンド、世界中のインデックス(株価指数)、投資ツールを提供しています。

ということで、本来はインデックス投資により資産形成を行う人向けに投資に役立つ情報を提供したり、投資ツールを提供していくためのもので、インデックス投資家でない自分には縁がないのだけど、ポートフォリオを登録するとその内容でリスクやリターンを分析してくれるのが面白そうだった。『資産配分ツール』というの。

続きを読む

マネックス証券 銘柄スカウター

2019年に銘柄調査に使っていたのは
・ヤフーファイナンス
・四季報(証券会社サイト経由)
の2つだった。そこに2019年後半くらいから
・株探
を追加で使うようになった。

株主優待侍「株探で銘柄研究をする

さらに2020年になってからそこにマネックス証券の銘柄スカウターが加わった。


続きを読む

株探で銘柄研究をする

購入する銘柄を決定するまでの流れはこんなものだった。

ヤフーファイナンスの株主優待検索で、対象となる月に権利を迎える銘柄を表示。金券の場合には優待利回りや配当利回り。そのほかの銘柄は欲しいと思える優待品などでとりあえず魅力的と思える銘柄をいくつかピックアップ。その後、ヤフーファイナンスで株価、PBR、PERを確認。そこで割高と思える物を除いて、証券会社にログインして四季報のページで業績の推移などを確認。場合によっては会社公式ホームページで財務情報や業績情報を調べることもある。

2019年中頃から「株探」というサイトを併用するようになった。株探は[4436]ミンカブ・ジ・インフォノイドが運営する株式情報サイト。無料で使用できるが、かなり詳しい情報を確認できる。このサイトが優れている点として各銘柄について以下のような情報を見ることができること。



続きを読む

ドトールバリューカード残高合算サービス

ドトール・日レスホールディングス[3087]の株主優待は毎年2月末日権利で保有株式数に応じて全国のドトールコーヒーショップで使えるプリペイド式の株主ご優待カードを贈呈。
mail54_zandaka


昨年の優待ではお店で販売しているのと同じドトールバリューカードにポイントをチャージして提供しており今年から若干変わっている。ドトールバリューカードは、複数枚の使用ができないので、以前のままでは毎年新しいカードが来るしさらに普段からドトールバリューカードを使っているユーザー株主としてはあまり嬉しくなかった。さらにドトールバリューカードには現金チャージする「バリュー」と特典で付与される「ポイント」の区別があって、昨年の優待ではこの「ポイント」が付与されていたため、店頭で使用するときには明示的に「ポイントで」と宣言する必要もあり若干の混乱があった。

そこで今年の優待からは株主優待専用のカードとなり通常のドトールバリューカードとは違う扱いとなった。株主優待カードにはバリューがチャージされているのでレジで差し出すだけで使えるようになった。

さらに今年8月1日からドトールバリューカードの残高合算サービスが始まった。これは株主優待カードに限らないが、複数のドトールバリューカードの残高をひとつのドトールバリューカードに集約することが可能になった。

ということで、今年貰った株主優待カードの残高を昨年貰ったドトールバリューカードに合算した。

続きを読む
2024年権利日
末日権利日の権利付最終売買日
2024年1月29日(月)
2024年2月27日(火)
2024年3月27日(水)
2024年4月25日(木)
2024年5月29日(水)
2024年6月26日(水)
2024年7月29日(月)
2024年8月28日(水)
2024年9月26日(木)
2024年10月29日(火)
2024年11月27日(水)
2024年12月26日(木)
詳しく。
最新コメント
ギャラリー
  • コメダ:コメカ 2024年2月権利(3543)・コメダ珈琲の飲食で使えるポイントカード
  • コメダ:コメカ 2024年2月権利(3543)・コメダ珈琲の飲食で使えるポイントカード
  • ドトール:買い物カード 2024年2月権利(3087)・ドトール、エクセルシオールなどのお店で使えるプリペイドカード
  • ドトール:買い物カード 2024年2月権利(3087)・ドトール、エクセルシオールなどのお店で使えるプリペイドカード
  • シンメンテ:ジェフグルメ 2024年2月権利(6086)
  • シンメンテ:ジェフグルメ 2024年2月権利(6086)
  • 商品選択した株主優待の到着報告:アドバンスクリエイト、内外トランスライン、NISSO
  • 商品選択した株主優待の到着報告:アドバンスクリエイト、内外トランスライン、NISSO
  • 商品選択した株主優待の到着報告:アドバンスクリエイト、内外トランスライン、NISSO
アーカイブ
  • ライブドアブログ